スポンサーリンク
スポンサーリンク

申し込み殺到中?!コロナ保険とは

スポンサーリンク

こんばんは、億持ってない億男です。

新型コロナウイルスの感染拡大が始まってすでに2年・・・「もう聞くのも嫌だ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、未だに新型コロナウイルスの脅威が完全に去ったとはいえないようです。

そんな中で「万が一」に備えたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。

今回は、新型コロナウイルスに対応している保険についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染症に対応している保険がある

新型コロナウイルスに万が一、かかってしまったら・・・。

入院するかもしれませんし、重症化してしまうかもしれない・・・軽症で終わったとしても自宅待機などで仕事にいけなくなってしまったら・・・。

病気そのものも心配ですが、それ以外にもいろいろな場面で日常生活に影響が出てしまいます。

新型コロナウイルスのオミクロン株が流行している中で、今、新型コロナウイルスの感染は他人事ではなくなっています。「万が一」に備えるために、新型コロナウイルスに対応した保険商品が用意されています。

新型コロナウイルスに感染した場合に、お見舞い金が貰えるタイプの保険もありますし、新型コロナウイルスで自宅療養をした場合でも陽性であれば貰えるタイプのものもあります。

今まで入っていた入院保険の場合、入院すれば多くの場合で保険料の支払い対象になると考えられますが、新型コロナウイルスで自宅療養や宿泊療養となった場合は入院していないので、入院保険が使えない可能性が高くなってしまいます。

どのような場合に、保険金を受け取れるかは保険会社によって違いますが、複数の保険会社が新型コロナウイルス対応保険を発売しています。

・コロナminiサポほけん
保険料3,840円/3ヶ月・契約年齢18歳~69歳・特定感染症一時金10万円

・コロナ助け合い保険
月額保険料:1500円~

などです。

ただし、保険料などはすべて契約する人の年齢や保証内容によって異なりますので、個別に確認してください。
また、今、新型コロナウイルス保険に申し込みが殺到しているため、受付を休止している保険会社や保険料が変更されている場合もあるかもしれません。

新型コロナウイルスに感染した場合の費用は?

民間の保険で、新型コロナウイルスに対応している保険商品もありますが、そもそも新型コロナウイルスに感染した場合の医療費はどうなるのでしょうか。

まず、新型コロナウイルス感染症と診断された場合は、健康保険や労災保険から治療費や生活費等の給付を受けることができます。

そして、新型コロナウイルス感染症の場合は、医療費は公費負担の対象となるため、自己負担額はありません。つまり、新型コロナウイルスで入院しても、どんな治療を受けたとしても、治療費として発生することはないということです。

つまり、万が一、感染してしまうことがあっても、入院することになっても、治療費や入院費を心配する必要は現時点(2022・2月4日)ではありません。

ですが、新型コロナウイルスに感染してしまうと、仕事を休むことになるケースもありますし、収入が減ってしまう可能性もあります。

その部分を少しでも、減らすために保険で備えておこうという人が多くなっているのです。

新型コロナウイルスに備える必要はあるの?

新型コロナウイルスは、この2年の間、変異を繰り返しています。

最初に発見された武漢での株もありますし、2021年の夏に日本でも猛威を振るったデルタ株や2022年に全国で10万人を超える感染者を出した、オミクロン株などです。

新型コロナウイルスにいつまでおびえていればいいの?
そろそろウィズコロナでしょ

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ワクチンが効きにくいタイプのウイルスに変異してしまう可能性もありますし、強毒化してしまう可能性もゼロではありません。

あまり、不安をあおるようなことは言いたくありませんが、やはり「感染してしまうかもしれない」という危機感を持って備えをしておくことは大切です。特に、新型コロナウイルスに感染してしまったら生活が維持できなくなる可能性があるという場合は、保険に加入しておくのも悪い選択肢ではありません。

まとめ

今回は、新型コロナウイルスに対応している保険についてご紹介しました。
新型コロナウイルスに感染してしまうという事態がすでに他人事ではなくなっている今、保険で新型コロナウイルス感染症に備えておこうという人が増えています。

新型コロナウイルス対応の保険商品の中には、自宅療養やホテル療養でも一時金が支給されるものもあります。

新型コロナウイルスの場合、治療費の負担はありませんが、生活費や治療費以外の急な支出に備えるために保険は有益です。

ただし、急速な感染拡大で、申し込みを停止している保険もありますので、注意されてください。