スポンサーリンク

クレンジングの種類と選び方

スポンサーリンク

こんにちはあやです。
毎日するメイク。お肌のためには1日の終わりにきちんと落とすことが大切です。メイクが肌に残ったままだと、肌荒れやニキビ、シミ、シワ、くすみ、たるみなど様々な肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

クレンジングといっても種類があり、使っているメイクや肌質によって使い分ける必要があります。ここではクレンジングの種類とどんな人におすすめなのかについてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレンジングの種類と特徴

クレンジングは6種類に分けることができます。オイル、ジェル、ミルク、クリーム、拭き取りタイプです。
これらは洗浄力が違います。なので、しっかりメイクやウォータープルーフのマスカラなど落ちにくいメイクをしている時には洗浄力の強いものを使う必要があります。

ただ、洗浄力が強いものは肌への負担も大きいです。ただ肌が弱かったり、乾燥しがちな人には不向きな場合もあります。ここでは洗浄力の強い順にご紹介していきます。

オイルクレンジング

オイルクレンジングはその成分のほとんどが油分でできています。ファンデーションなどメイクも油分を含んでいるので、オイルをなじませることで落としやすくなります。落としにくいウォータープルーフのマスカラや重ね付けしたアイメイク、リップをしている時には、洗浄力の強いオイルタイプでないと落とすことは難しいでしょう。ただ、洗浄力が高いので、肌への負担も大きく、メイク汚れだけでなく必要な皮脂まで洗い流してしまうこともあります。そうなると肌は乾燥しやすくなるので、メイクを落とした後には化粧水や乳液、クリームを使ってしっかりと保湿することを忘れないでくださいね。
また、ナチュラルメイクの人やアイメイクもほとんどしないという人は、オイルクレンジングは洗浄力が強すぎます。肌への負担を増やすだけなので、オイルクレンジングよりも肌に優しいクレンジングを使った方が良いでしょう。

ジェルクレンジング

ジェルタイプは、オイルクレンジングの次にメイクを落とす効果が高いクレンジングです。それでいて保湿効果が高く、肌への負担も少ないのがメリットです。ただ、ジェルクレンジングでも商品によって洗浄力が異なります。それは、オイルを含んでいる油性ジェルクレンジングや、オイルを含まない水性ジェルクレンジング、その中間のオイルイン水性クレンジングがあるからです。
メイクには油分が含まれるためオイルを含んでいる方がメイクを落とす洗浄力が高くなりますが、含まないものと比べると肌への負担も少し高くなります。オイルを含んでいるかどうかは商品の成分表やパッケージをみるとわかります。
ジェルクレンジングは、メイクはある程度しているけれど、お湯でオフできるフィルムタイプのマスカラやシンプルなアイメイクの人におすすめです。

クリームタイプ

クリームタイプのクレンジング力はジェルタイプの次になります。顔にクリームを塗ってメイクと馴染ませた後拭き取るタイプと洗い流すタイプがあります。拭き取りタイプは、コットンやティッシュを使って拭き取ってメイクを落とします。この時力を入れて擦ってしまうと繊維が肌に刺激を与えてしまいます。肌に細かい傷が付き赤みやかゆみが出てくるなどトラブルになることもあるので、力を入れずスッと優しく拭き取るようにしましょう。ウォータープルーフのメイクをきれいに落としきることはできません。重ね付けしたアイメイクも落としにくいことがあります。濃いアイメイクはしないナチュラルメイクの人におすすめです。

ミルククレンジング

ミルクタイプはメイクを落とす洗浄力は低いですが、乳液のような質感で、肌への負担も少なく、保湿効果が高いものが多いので、乾燥肌の人や肌が敏感な人におすすめです。ただ、ポイントメイクを落とすのは難しいでしょう。薄めのメイクの人におすすめです。

拭き取りタイプのクレンジング

リムーバーやシートなど拭き取りタイプのクレンジングは、メイクを落とす効果がとても高いです。ウォータープルーフのマスカラやアイライナー、重ね付けしたアイシャドウ、落ちないリップなど通常のクレンジングでは落としにくいポイントメイクを落とす時に使用します。
ポイントメイクを拭き取りクレンジングで落とした後、通常のクレンジングを行います。
ポイントメイクを落としにくい、ジェルクレンジングやミルククレンジングと合わせて使用するのもおすすめです。しっかりメイクはきちんと落とし、肌への負担を軽減させることができます。

まとめ

クレンジングは正しく行うことが大切です。メイクを落とすために力を入れてゴシゴシと擦ったり、ケチって少量で済ませようとするのは肌への刺激与えることになります。メイクはきちんと落としきることが大切ですが、肌へ負担をかけないということも大切です。

使用方法に書かれている適量を手にとって、メイクの落ちにくい目の周りや口の周りから、クルクルと撫でるように付けて、それから皮脂の出やすいTゾーン、最後に乾燥しやすい頬やフェイスラインをクレンジングします。

洗い流す時にはぬるま湯がおすすめです。落としの残しがないようにきれいに洗い流しましょう。