奥二重さんのアイメイク!可愛い目元はアイラインの引き方で決まる!

こんにちはあやです。
二重幅が重なってしまう奥二重さんにとって、アイメイクは少し厄介ですよね。
「気づいたらアイラインが上まぶたに色移りしてた!」
「念入りにアイメイクをしたら逆に目が小さく見えてしまった」
こんな経験をしたことがある奥二重さんは多いのではないでしょうか。

実は著者自身も奥二重なので、アイラインの引き方やアイシャドウの入れ方については様々な情報を収集して「試行錯誤」を重ねてきました。
今回は、奥二重さんが可愛い目元をつくるためのベストな「アイメイク」についてご紹介したいと思います。
奥二重のメイクで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

色移りしない!奥二重さんのアイラインの引き方

奥二重さんがアイラインを引くときには、できるだけ細く入れるのがポイント。
太いラインを入れてしまうと、目を開けたときに上まぶたに色移りをしてしまいます。
さらに、ただでさえ狭い二重幅をラインで完全につぶしてしまうことになるので、メリハリのない「のっぺり」とした印象の目元になってしまいます。

ベースの引き方としては、アイライナーの先を使用して「まつ毛の間」を埋めるように描いていきましょう。
このときに注意して欲しいのは、「線」ではなく「点」で入れていくこと。
線で入れようとすると、どうしてもラインが太くなりがちなのでチョンチョンと小刻みにペン先を使って入れるのがオススメです。

ラインを入れる位置は、黒目の上から目尻にかけて。
上まぶたを軽く持ち上げ、顔を少し上向きにして、下からアイライナーを当てていくと上手に隙間を埋めることができます。
または、鏡をテーブルや机の上に置き、覗き込むようにして描いていくのも良いでしょう。

まつ毛の間を埋めたら、目尻にアイラインを入れていきます。
優しい愛され顔にしたいときには下向きのライン、ナチュラルに見せたい場合は並行に入れるのが奥二重さんには相性ピッタリです。

アイライナーおすすめ

アイライナーは「ペンシルタイプ」「リキッドタイプ」「パウダータイプ」「ジェルタイプ」の4つに分けられますが、奥二重さんにおすすめのアイライナーは、リキッドタイプかジェルタイプです。

リキッドタイプはペン先が筆のように細くなっているため、「まつ毛の間」など細かい部分を埋めるのに適しています。
にじみにくいアイライナーも多く販売されていますので、まぶたへの色移りがコワイ!という方にもオススメ。

ジェルタイプのアイライナーは、ツヤが出やすく崩れにくい特徴があるため、奥二重さんでも綺麗なラインを長時間保つことができます。
必要に応じてボカすことも可能なので、まつ毛の間を「点」で埋めたあとに綿棒などで軽く擦ると、可愛らしく自然な仕上がりになるのも嬉しいポイントです。

奥二重さんに適しているカラーは「ブラウン」や「ダークブラウン」。
漆黒系のアイライナーを使用してしまうと、目元がキツく見えてしまうことが多いため、注意してくださいね。

奥二重さんが可愛くなれるアイシャドウの色

アイシャドウを選ぶときに注意して欲しい点は、「濃い色を選ばない」ということです。
アイラインの引き方をご紹介した時に、太いラインを引いてはいけないとお話しましたが、せっかく細く入れたラインの上から濃いブラウンなどのアイシャドウを入れてしまうと、二重幅がつぶれてしまいます。

奥二重さんの場合には、やや透明感のある薄い色をチョイスするようにしましょう。
ゴールドや明るめのブラウン、ブルーやピンクなら問題ありません。
アイホール全体には淡い色のアイシャドウを入れ、目のキワに入れる「締め色」はアイホールに使ったカラーよりワントーン濃いものを丁寧に入れるようにしましょう。

奥二重さんは、3色や4色が一緒になっているパレット系のアイシャドウでは、「一番濃い色」を使わない方が良いくらいです。
パレットの中で2番目に濃い色を「締め色」として使用し、それよりひとつ明るい色をまぶた全体用としましょう。
私自身も、いつも4色パレットのアイシャドウを愛用しているのですが、一番濃いブラウンだけは全く減りません。

そして奥二重さんは、どうしても上まぶたが腫れぼったく見えてしまう傾向にあるので、
目元の立体感を出すために眉毛の下にハイライトを入れるのもオススメです。
ハイライトを入れる場所は、眉毛の中心の下・眉尻の2か所。
「たったこれだけ?」と思われるかもしれませんが、目元の印象がぐっとスッキリして見えるので是非やってみてくださいね。

まとめ

今回は、奥二重さんの目元を可愛く演出するための「基本アイメイク」をご紹介してきました。
二重のラインがくっきりと出ない奥二重さんでも、アイラインの引き方やアイシャドウの色や入れ方を工夫するだけで、目をひと回り大きくパッチリと見せることも可能です。
奥二重の魅力を最大限に活かせるアイメイクで、あなたもぜひ可愛らしい目元を作ってくださいね。