美白の基本は保湿。惜しみなくたっぷり使える厳選5選プチプラ美白化粧水

こんにちはあやです。
健康的で透き通った白い肌にするためには、毎日たっぷりと保湿をしてあげることが大切です。高価なスキンケア商品は、美白効果の高い成分がたくさん含まれていますが、継続してたっぷりと使うとなると、経済的に厳しいという人も多いでしょう。いくら効果の高いスキンケア商品でも、もったいないからと少量しか使わなければ効果は期待できません。多くの紫外線を浴びてしまう10代、20代の美白ケアは、たっぷりと惜しみなく使えるプチプラ商品がおすすめです。ここでは、美白ケアにおすすめのプチプラ化粧水をご紹介します。

おすすめのプチプラ美白化粧水

ちふれ
とても優秀なプチプラ化粧品と指示を受けているちふれ。なんと美白化粧水の種類が3つもあります。

美白化粧水VC 180ml


美白ケアと同時に肌荒れもケアできる化粧水です。美白効果のある安定型ビタミンC誘導体が、肌の奥にまで浸透してメラニンの生成をを抑制し、シミやソバカスを予防します。そしてヒアルロン酸、トレハロース、油溶甘草エキスという3種類の保湿成分と、グリチルリチン酸2Kという肌荒れ防止成分も配合されています。肌馴染みがよくスーッと浸透する気持ちの良いテクスチャーです。無香料、無着色 、アルコールフリーです。

美白化粧水W 180ml


安定型ビタミンC誘導体とアルブチンという2つの美白成分が配合されています。ダブルの効果でメラニンのの生成を抑制し、シミやソバカスの予防をしてくれます。トレハロースとヒアルロン酸を配合しています。肌を潤わせながらもベタつかない使用感が好みの方におすすめです。無香料、無着色、アルコールフリーです。

美白美容液W しっとりタイプ 180ml


美白化粧水Wのしっとりタイプです。美白成分はそのままに、保湿成分を濃グリセリンやBGなどをさらに豊富に配合し、しっとりもっちりとした肌に導きます。特に乾燥が気になる冬場やエアコンの影響による乾燥が気になる時にもおすすめです。

無印良品
プチプラ化粧品の中でもオーガニック製法や敏感肌用があるので、ナチュラル志向の人やお肌の弱い人にも人気のある化粧水です。200mlと400mlの大容量もあるので、たっぷりと使用することができます。

オーガニック薬用美白化粧液 400ml

ビタミンC・E誘導体を配合していて、シミやソバカスを予防します。保湿成分には、ラベンダーやホホバ、セージなど8種類のオーガニック植物エキスやオーガニックのアロエベラ液汁を配合しています。化粧水に使用される水は岩手県釜石の天然水が使われています。刺激を感じやすい敏感肌の人には安心の無着色、無鉱物油、合成香料無添加でお肌と同じ弱酸性に作られています。

敏感肌用薬用美白化粧水 400ml

乾燥やストレスなどでトラブルを起こしやすいデリケートな肌も優しくケアをしてくれる薬用化粧水です。無香料、無着色、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー、弱酸性です。
ビタミンC誘導体配合で、シミやソバカスを防ぐ効果があります天然のうるおい成分あんず果汁や、グレープフルーツエキス、はだの保護をする成分スベリヒユエキスが配合されているので、敏感肌の人がうっかり日焼けをしてしまった後のケアにもおすすめです。

化粧水の正しい使い方

化粧水の1回の使用量は、500円玉硬貨くらいです。メイクを落として、洗顔をした後、手のひらに500円玉硬貨くらい化粧水を取ります。両手で包んで温めてから肌を包み込むように手のひらを当てていきます。パタパタと叩いたり擦ったりすると肌の刺激になってしまうので、肌に押し込むようなイメージで化粧水を染み込ませていきます。おでこやあごは手を横にして当てて、化粧水が付かない部分がないようにしましょう。

コットンで化粧水をつける人も射るでしょう。その場合には繊維で肌表面を擦って刺激を与えないように注意が必要です。コットンに化粧水を含ませます。量が少ないとうまく肌に化粧水を浸透させることができません。たっぷりと染み込ませましょう。

コットンには繊維の流れがあります。指を滑らせた時毛羽立たない方向が肌を当てるのに正しい方向です。滑らせて使用するのではなく、肌に当てながら移動させていくイメージで使用しましょう。

肌に化粧水を付けた後、まだコットンに化粧水が残っていると思います。その場合には、コットンパックをするのもおすすめです。目の周りなどは乾燥しやすいので、コットンを目の上に当てておくとしっかりと化粧水を浸透させることができます。手の甲や首につけるのもいいですね。

紫外線を浴びた後や乾燥が気になる時は化粧水パック

紫外線を浴びた後や、乾燥が気になる時には、化粧水を使ったパックをするのもおすすめです。シートパックに化粧水をたっぷりと染み込ませて、洗顔後の顔に乗せます。肌がひんやりと冷たくなって、手を当てた時吸い付くような感じがあれば、しっかりと化粧水染み込んだ証拠です。毎日する必要はありませんが、週に1回のスペシャルケアで行うと、美白効果もしっかりと感じられるようになるでしょう。