10代のスキンケアのポイントは?おすすめの化粧品は何?

こんにちはあやです。
10才になるとホルモンの分泌が急激に増え始めます。大人の肌へと変わっていくこの時期はとても不安定で、皮脂の分泌量も増え、ニキビなど肌のトラブルが起こりやすい時期です。これまで、洗顔だけで特にケアをしてこなくても何のトラブルもなかったという人も、健やかな肌を保つためには化粧水や乳液を使ったケアをする必要が出てきます。ここでは、10代のスキンケアのポイントやおすすめの化粧品についてご紹介します。

10代は正しい洗顔をすることが大切

ホルモンの分泌が増えてくると、同時に皮脂の分泌も増えてきます。そのため、毛穴が詰まってニキビができやすいくなってしまうのです。
肌の状態としては、まだ潤いがあるため過度な保湿などは必要ありません。それよりも正しい洗顔で、余分な皮脂や肌の汚れを取ることが大切です。

中には母親と同じスキンケア用品を使ってしまう人もいるでしょうが、10代の肌と30代、40代の母親世代の肌では、肌質自体が違います。母親のスキンケア用品は、保湿効果が高く油分を多く含んでいることが多いため、皮脂の分泌が盛んな10代が使ってしまうことで、より肌トラブルを招いてしまう恐れがあります。

できれば、10代の肌質に合わせたスキンケア用品を揃えてあげるといいですね。

正しい洗顔方法とおすすめの洗顔料は?

洗顔はゴシゴシと力を入れて擦るのはNGです。また、水洗いのみというのもNGです。擦ると肌にダメージを与えてしまいますし、水洗いでは皮脂を洗い流すことができません。洗顔の基本はしっかりとした泡を作って泡で包み込むように優しく撫で洗いをすることです。

① 手を洗う
手を洗って汚れを落としてからでないと洗顔料が泡立ちにくくなってしまいます。
② ぬるめのお湯で顔を濡らす
洗顔はぬるめのお湯で行うのが基本です。水だと皮脂が流れにくいですし、熱いと肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
③ 泡立てネットを使ってしっかりとした泡を作る
しっかりとした泡は手を擦るだけではできません。泡立てネットを使ってしっかりと泡を作りましょう。
④ 泡で包み込むように洗う
洗顔はゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、泡で撫でるように行います。皮脂の分泌の多いおでこや鼻はしっかりと、目の周りやフェイスライン口の周りはサッと洗いましょう。
⑤ ぬるま湯で洗い流す
ぬるま湯で洗い流します。泡が残っていると肌荒れの原因になってしまうので、丁寧にすすいで洗い流してください。小鼻や前髪の生え際、フェイスラインの辺りは泡が残りやすいので注意しましょう。
⑥ タオルで水気を拭く
タオルで水気を拭き取ります。この時もゴシゴシとするのではなく、タオルを優しく当てて顔を包みようにして水気を取りましょう。
また、2度洗顔をするという人もいるでしょうが、基本的に洗顔は1度です。ダブル洗顔という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それは、クレンジングをしてから石鹸で洗うことを言います。石鹸で2度洗顔してもダブル洗顔ではありませんし、必要な皮脂まで洗い流してしまうことになります。

日焼け止めを塗った日やメイクをした日にはクレンジングを使ったダブル洗顔が必要です。それはクレンジングは化粧品など油分を含んだ汚れを洗い流し、洗顔は肌についたホコリやチリなどの汚れや汗を洗い流すからです。

おすすめの洗顔料は?

キュレル皮脂トラブルケア 泡洗顔料


皮脂の分泌が増えて、ニキビなど肌オラブルが起きやすい10代の肌におすすめの洗顔料です。敏感肌用なので、刺激が少なく安心して使えますし、泡で出てくるので、自分で泡立てる必要がありません。セラミドが配合されているので保湿効果もあります。

NonA.


ニキビ肌用の固形石鹸タイプの洗顔料です。もっちりとした弾力のある泡が立つ石鹸で、ローヤルゼリーやヒアルロン酸など天然の潤い成分が配合されています。

洗顔後は化粧水でしっかりと保湿しよう

洗顔をした後は化粧水を使ってしっかりと保湿してあげることが大切です。洗顔で肌表面の皮脂が洗い流されているので、肌内部の水分がどんどん蒸発していく状態になっています。乾燥は皮脂分泌をより活発にさせます。

洗顔後はできるだけ早めに保湿してあげることが大切です。

化粧水を手にとって両手で包んで温めます。それから肌を包むように抑えて浸透させていきます。パチパチと叩いたり、こすったりする必要はありません。

化粧水をつけたら乳液をつけます。乳液には化粧水が蒸発しないようにする役割があります。

おすすめの化粧水は?

NOVアクネローション


毛穴詰まりを防ぎ、程よい保湿効果があるNOVアクネローション。ノンコメドジェニックテスト済みです。ノンコメドジェニックとはニキビになりにくいということが確認されたということです。同シリーズのジェルもあるので、洗顔後の乾燥具合など肌質で選ぶと良いでしょう。

オルビス


オイルカットでベタつかないテクスチャーで高保湿なので、化粧水や乳液をつけた後のベタつきが苦手という人におすすめです。肌のバリア機能を高め健康的な肌に導いてくれます。