スポンサーリンク

【medimix】人気のクラシックグリーンの特徴や石鹸成分は?どこで買える?

スポンサーリンク

こんにちはあやです。
ここ数年で、「medimix信者」が急増しているのを知っていますか?medimixは、「メディミックス」と読みます。18種類のハーブを使用した、人気の固形石鹸です。
特に、ドクターソープとも呼ばれている「クラシックグリーン」が大人気で、“神石鹸”と崇める人まで続出しているんです。

海外の石鹸なのに、日本人からこんなに注目されているなんてスゴイですよね!
その秘密は一体どこにあるのでしょうか。今回は、そんなmedimixの石鹸「クラシックグリーン」について、特徴や成分を中心にお話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気急上昇中のmedimixアーユルヴェーダ石鹸

シンガポールのお土産として人気が高い「medimix(メディミックス)」は、アーユルヴェーダの理論をもとに製造されている、ハーブ配合の固形石鹸です。
製造会社はインドのチェンナイにあり、インドで5000年以上継承されている伝統医学の考え方に基づいて、medimixを作っています。

旅行でシンガポールに行くと、ショップの店員さんが「この石鹸は、お肌がすごくツルツルになりますよ!」とイチオシしてくれるんです。
日本で買うと1個あたり1,000円近くしますが、現地なら100円ちょっとで購入できちゃうので、多くの日本人観光客がまとめ買いをするほどの人気となっています。

medimixクラシックグリーンの特徴は?

インドの会社が製造している石鹸なので、「日本人には刺激が強すぎるんじゃない?」と思いますよね。でも、medimixのクラシックグリーンは日本人でも快適な使い心地!
とにかく、さっぱり洗いあげるのに全然つっぱらないのが特徴なんです。タオルで拭き取った後は、サラサラっとしているのにちゃんとシットリ感があるところがmedimixの凄いところ。

さらに、18種類の薬草(ハーブ)が配合されているため、ニキビなどの肌荒れを鎮静化してくれる点も大きなポイントでしょう。まさに、インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」のパワーが詰まった石鹸です。
肌荒れは、ニキビだけでなく「あせも」や水虫なんかにも効果を発揮してくれるそう。
消臭効果もあるため、体臭や足のニオイで悩んでいる方にもおすすめしたい石鹸です。

また、medimixのクラシックグリーンは、香りが良いことも特徴といえるでしょう。
パッケージを開ける前から、ハーブの強い香りが感じられるほどです。「この香りが好き」とリピ買いする女性も多いんだとか。最近は、ボタニカルとかハーバルとか、植物由来の香りを好む人が増えていることもあり、medimixの石鹸がさらに注目されるようになっています。

石鹸成分について

そんなmedimixですが、石鹸成分が気になりますよね。メディミックスのパッケージには、日本語表記がされていないため、ここで成分表をご紹介したいと思います。

【medimix クラシックグリーン成分】

パーム油、水酸化Na、ヤシ油、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、アカマツリ種子エキス、カオリン、水和珪酸マグネシウム、香料、ハナショウガエキス、水、ヘミデスムスインジクス根エキス、サルトリイバラエキス、メリアアザジラクタエキス、ケイ酸Na、硫酸Mg、エンベリア果実/根エキス、オランダビユ種子エキス、カンゾウ根/根茎エキス、クタジャ種子エキス、クミンエキス、コリアンダー果実エキス、ショウブ根/根茎エキス、テリハツルウメモドキ種子エキス、ヒマラヤスギ木エキス、ベチベル根エキス、ベルベリスアリスタタ根エキス、コミフォラムクル樹脂エキス、黄202-2、緑201

この成分表を確認すると、香料や着色料が使用されていることがわかります。
香料は恐らくハーブ由来の成分なので問題ないかと思いますが、着色料はちょっと心配…。
正直、海外のモノだし…発がん性のある危ない着色料が使われていたら怖いですよね。

ということで、日本の厚生労働省が定めている「法定色素(タール色素)」に入っているのか、しっかり調査してみました。

今回調べてみたところ、黄202-2、緑201は「グループⅡ」に分類されており、「外用医薬品、外用医薬部外品、化粧品に使用できるもの」として、しっかり認可されていたので安心です!

medimixの石鹸を買える場所は?

アーユルヴェーダ石鹸の「medimix」は、製造国であるインドをはじめ、シンガポール、マレーシア、台湾などで購入できるようです。ドラッグストアの棚に並んでいるそうですよ!

日本で購入する際は、楽天やAmazonなどが取り扱ってくれているため、手軽に買うことができます。
ただし、シンガポールなどの海外で購入するときには1個を80~120円程度で買えるのですが、日本だと900~1,000円ほどするのがネックかもしれません。
もちろん、それでも「優秀な洗顔石鹸」として見れば、決して高くはないでしょう。

まとめ

今回は、最近注目されている「medimix(メディミックス)」のアーユルヴェーダ石鹸、クラシックグリーンについてご紹介してきました。
メディミックスは、現地ではドクターソープとまでいわれ、ニキビなどの頑固な肌荒れを解消して「ツヤツヤの美肌」に導いてくれる固形石鹸。
スッキリするのに肌がつっぱらない使い心地と洗いあがり、そしてバスルームいっぱいに広がる癒しの香りが人気の秘密のようです。

「小さな子供でも問題なく使える」「3歳の息子と一緒に使ってる」といった口コミや評価もチラホラ見られたので、敏感肌やゆらぎ肌で悩んでいる方も、ぜひ試してみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メディミックス クラシックグリーン 125G
価格:899円(税込、送料無料) (2019/8/2時点)