スポンサーリンク

まつげ美容液はどれがいいの?選び方のポイントは?

スポンサーリンク

こんにちはあやです。
きれいな目元を作るのは、バッチリアイメイクだけでは不可能です。アイメイクをきれいに仕上げるためにも自分のまつげが健康であることはとても大切です。傷んでハリやコシのないまつげだとマスカラをつけてもうまくボリュームアップさせたり、カールを維持することはできません。ここでは、まつげ美容液の選び方や、選ぶときのポイントについてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まつげ美容液は肌に優しいものを選ぶのが大切

まつげは、とてもデリケートな目の周辺にあります。そのため、万が一目に入ってしまったときのためにも刺激が少ないということがとても重要なポイントになります。

刺激が強い成分といえば、合成香料、合成着色料、シリコン、合成ポリマー、パラベン、アルコール、界面活性剤などがあります。これらが配合されていないできるだけ無添加で、低刺激な成分で作られたものを選ぶようにしましょう。

ですが、アレルギーなど刺激になってしまう成分は人それぞれ違います。低刺激やアレルギーテスト済みと書かれているからといって絶対安全というわけではありません。使用していて、目がしみる、かゆみが出る、充血する、腫れるなど何か違和感を感じた場合には使用を中止するようにしましょう。

また、用法容量を守って使うことも大切です。早く効果を出したいからと必要以上にたっぷり塗っても効果が上がるわけではありません。過剰に塗った分が垂れて目に入ってしまう可能性が高くなってしまいます。

目というデリケートで大切な場所に使うからこそ、慎重に商品を選びたいですし、使うときにも注意を怠らないようにしたいですね。使用前にはパッチテストを行うとより安心して使うことができます。

どんな成分が入っているのがおすすめ?

まつげ美容液には、今あるまつげのダメージを補修してくれる効果と、目の周りの血行を促進させて、毛根に十分な栄養を行き渡らせ、健康なまつげを作り出す効果が期待されます。

商品によって配合されている成分は違うので、より自分が望む効果が期待できる成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。様々な成分がありますが、ここでは代表的な成分についてご紹介します。

毛母細胞の活性、血流促進、保湿効果のある成分
褐藻エキス(海藻エキス)、センブリエキス、アロエベラエキス、ペプチドなど。

まつげの発育を助ける成分
キャピシルク、グロスファクター、オクタペプチド-2、フラーレンなど。

血行を促進させる成分
イチョウ葉エキス、ビオチン、ビタミンE誘導体など。

傷んだまつげを補修する成分
パンテノール、ケラチン、シルクアミノ酸など。

保湿効果の高い成分
ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、BGなど。

まつげへの塗りやすさも重要

まつげ美容液は、上まつげと下まつげの上側と下側と生え際に満遍なく塗ることが大切です。目尻や目頭は塗りにくいですが、塗り残しの内容に丁寧に塗りましょう。まつげ美容液には、チップタイプやマスカラのようにして塗るタイプ、アイラインを引くようにして塗るブラシタイプがあります。自分が使いやすいと思うものを選ぶようにしましょう。

チップタイプ

HABAのまつげセラムです。チップタイプはこのように先がふわふわになっていて、そこにまつげ美容液を染み込ませて使います。チップタイプの良いところは、太く大きいのでたっぷりとムラなく塗ることができるところです。また、柔らかいので肌に優しいという特徴があります。
大きくて太いのは塗りやすいというメリットがある反面、目のキワや目頭など細かな部分が塗りにくいというデメリットもあります。

マスカラタイプ

DHCアイラッシュトニックです。こちらはマスカラタイプです。マスカラのように使うので、使い慣れている人も多いことから使いやすいと言われるのはこの形です。まつげを梳かすように塗ることができるので、全体に美容液を縫うことができます。
デメリットは根元部分や目頭、目尻に塗りにくいことです。

ブラシタイプ

コスメデコルテのラッシュレボリューションです。こちらはブラシタイプです。細く繊細なブラシなので、アイラインを引くように生え際にきれいに塗っていくことができます。毛先は細いですが、コシがある毛を使っているものが多いのでスーッと引くように使用できます。
デメリットは、生え際には塗りやすいですが、まつげには塗りにくいというところです。ブラシのチクチクといた感じが苦手という人もいます。

まつげを育てるためには普段のアイメイクにも注意して

まつげ美容液を使っていても普段のアイメイクやメイクの落とし方に注意をしなくては意味がありません。まず、毎日メイクを落とすというのは絶対です。メイクは肌にとっては異物です。アイメイクをしっぱなしだとまつ毛の生えてくる毛穴を塞いでしまったり、マスカラの塗りっぱなしでまつげが傷んでしまうとことになります。

落とす時も優しく扱うようにしてください。目の周りの皮膚はとても薄いです。ゴシゴシと擦ってしまうと刺激が強すぎますし、まつげも抜けやすくなってしまいます。アイメイクリムーバーを使って優しく拭き取るようにしてメイクを落としましょう。

こうすることで、無駄にまつげが抜けてしまうのを防ぐことができます。

また、血行を改善させるために、目の周りのマッサージをするのも効果的です。目のむくみも取れて目が大きくなる効果も期待できますよ。