スポンサーリンク

ウルトラセルQプラスの効果はいかに?老けクマやほうれい線にも効く?

スポンサーリンク

こんばんはあやです。
年齢を重ねるごとに多くの人が「なんとかしたい!」と思っているのが、顔のたるみでしょう。実は、たるみがあると実年齢より5~10歳も老けて見えてしまうことがわかっているんです。
アンチエイジング化粧品をあれこれ試してみても「イマイチ効果がない…」とガッカリしている方も少なくないかもしれませんね。

しかし、美容外科でのリフトアップ手術や治療は30~80万円程度の高額な費用がかかるため、誰でも手軽に受けられるものではありません。
そこでオススメしたいのが、ウルトラセルQプラス。メスや針を一切使用せず、わりと安価に顔のたるみやシワ解消ができると話題の施術法です。
今回は、そんなウルトラセルQプラスの効果についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもウルトラセルQプラスって?

最近では、多くの美容外科でも施術可能となっている「ウルトラセルQプラスは」、HIFUと呼ばれる高密度焦点式超音波のテクノロジーを使用した、リフトアップ・たるみ治療器のこと。
年齢による「たるみ」を治療する機器としては、ウルセラの知名度が高くなっていますが、ウルトラセルQプラスは「ウルセラ」のパワーをマイルドにしたものだと捉えていただいてOKです。

一般的なレーザーや高周波治療器では届かないところにある「SMAS筋膜」に直接アプローチして、顔のたるみを引き起こす表情筋にハリを与え、自然なリフトアップを叶えてくれる機器となっています。
もちろんウルトラセルQプラスは、“メスを使わない施術”のため、職場や近所の人に気付かれることがありません。こっそりとキレイを手に入れることができ、多くの人から注目を集めています。

こんにちはあやです。 ここ数年、「切らないリフトアップ」や「メスを使わないタルミ治療」などが多くのメディアからも注目され、新しい機器が次々...
こんにちはあやです。 顔のたるみに劇的な効果をもたらす「ウルセラ」をご存知ですか? 最近ではテレビ番組でも芸能人が体験するなどとして、SN...

ウルトラセルQプラスはどんな効果がある?

高密度焦点式超音波(HIFU)のウルトラセルQプラスには、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。ここでは、実際に施術を行っているクリニックや美容外科の情報をもとに、その効果についてご紹介していきたいと思います。

目の下のたるみやクマの解消

目の下は、皮膚がとても薄くできているため、加齢によって変化が出やすい部位です。「しっかり睡眠時間をとっているのにも関わらず、クマが消えなくて悩んでいる」「たるみクマのせいで年齢よりも老け見えしてしまう」なんて方には、ウルトラセルQプラスでの治療がオススメ。

ウルトラセルQプラスは、異なる3つの焦点深度のカートリッジを搭載しているため、皮膚の薄い目元にも使うことができます。主に、1.5mmや3.0mmを用いることが多く、目周りのハリをアップさせたり、皮下組織を引き締めて「たるみクマ」を解消する効果が期待できます。

ほうれい線を目立たなくする

年齢を重ねると、ほとんどの女性が気になりはじめるのが「ほうれい線」です。老化のシンボルともいえる代表的な悩みですよね。ウルトラセルQプラスでは、メスや針を一切使うことなく、頑固なほうれい線を改善することが可能です。

ほうれい線だけを消したい場合には、ヒアルロン酸などの注射でも治療ができるのですが、加齢によって発生したほうれい線の多くは「顔全体のたるみ」が大きな要因となっています。
ほうれい線だけに注射をして溝を埋めても、老けた印象が緩和されないことも少なくありません。そのため、表情筋層に広くアプローチして引き締めを行うウルトラセルQプラスでの施術が効果的です。

フェイスラインのもたつきを改善

老化によって顔の皮膚がたるみはじめると、頬や顎などのフェイスラインがぼやけてくることがあります。特に、多いのは「太ったわけでもないのに、なぜか二重あごになってしまう…」というお悩みです。

これは、お肌が重力に負けて下がってくることによって、顔の一番下側に皮膚が余ってしまうことが大きな原因だといわれています。
ウルトラセルQプラスでは、皮下の深い部分にあるSMAS筋膜に熱エネルギーを照射することで、肌深層部からキュッと引き上げすることができます。その結果、顔全体がリフトアップされてフェイスラインがすっきりした印象に変化するのです。

持続期間はどれくらい?定期的に打つべき?

ウルトラセルQプラスの持続期間は、およそ半年~1年程度といわれています。しかし、個人差があるため「1年半経過しても、まだ効果が続いている」という人もいたり「まだ半年が経過していないのに、顔が下がってきた…」なんて方もいるのは事実です。

自分に合ったメンテナンス期間をしっかりと見極めて、定期的に打ってもらうようにしましょう。一般的には、6か月~10か月を目安としてウルトラセルQプラスの打ち直しをしている方が多いようですね。

まとめ

今回の記事では、たるみ治療やリフトアップに効果的な「ウルトラセルQプラス」の効果についてお話をしてきました。ウルトラセルQプラスは、老化によって下がってしまった肌のリフトアップをはじめ、たるみ改善、シワの緩和、目の下のクマ解消、部分的な引き締めにも効果的です。
ウルセラと比較すると、これらの効果は5割程度だといわれていますが、30代~40代の「初期老化」であれば、十分なリフトアップ効果を実感できるでしょう。

まわりの人からも「整形した?」と気づかれない程度に若返りを実現できるため、エステに通う感覚でたるみ治療を行うことができるのも嬉しいポイントです。
ぜひ、ウルトラセルQプラスで5年前、10年前の若々しい顔を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ウルトラセルQプラス/MIYAフェイスクリニック