エステサロンでの小顔マッサージで効果が出やすい人は?どんなことをするの?

こんにちはあやです。
小顔は美人の絶対条件です。セルフでのマッサージでもむくみを取ることはできますが、正しい方法で行わないと意味がありませんし、毎日コツコツと継続的に行うというのは難しいものです。エステサロンではフェイシャルのメニューで小顔に特化したコースもあります。自宅でのセルフマッサージと比べるとやはりプロの方が行ってくれる小顔エステは効果の出方が違います。ここでは、効果が出やすい人、出にくい人や、どのようなことをするのかについてまとめました。

小顔エステはむくみがある人に効果的

顔が大きく見えてしまう原因としては、むくみ、たるみ、脂肪、骨格などが関係しています。小顔エステに通って効果が出たという人と、効果を感じられなかったという人がいるのは、顔が大きく見えてしまう原因が違うからです。

エステサロンでのマッサージで、小顔効果が期待できるのは、むくみやたるみによって顔が大きく見える人だけです。太っていてお肉や脂肪がついていたり、エラが張っているなど骨格の問題で顔が大きく見える場合には効果は期待できません。

お肉や脂肪がついている場合には、まずダイエットをして体重を減らすことが大切ですし、骨格の場合には美容整体に行った方が効果が期待できます。

エステサロンに行く前に自分の顔が大きく見えてしま原因を客観的に考えてみましょう。

エステサロンではどのようなことをするの?

エステサロンの小顔コースの場合には、ハンドマッサージ、機械を使って表情筋を鍛える、引き締め効果のあるパックなどを行います。

ハンドマッサージ

ハンドマッサージではむくみを取っていきます。肩こりなどでリンパの流れが滞ると、顔に水分や老廃物が溜まってしまい顔が大きく見えてしまいます。顔はもちろん、頭、肩、鎖骨のあたりまでしかりと揉みほぐします。コリやむくみがひどいと、痛みを感じる場合もあります。むくみが原因の場合には、一回の施術で効果が目に見えてわかることが多いです。

ただ肩こりやむくみというのは、普段の生活習慣や姿勢が大きく影響するので、エステサロンでむくみを取ってもらった後は、自宅でもセルフケアをしないとすぐに元に戻ってしまいます。

機械を使って表情筋を鍛える

頬についたお肉が気になる場合には、機械を使って表情筋を鍛えるメニューがおすすめです。エステサロンでは表情筋を鍛えるために、電流を流して表情筋を動かし、エクササイズを行います。表情筋を鍛えるエクササイズは、口を大きく開けたりすぼめたり、唇を突き出すなど自分でもできますが、エステサロンでは寝ている間に行ってくれます。表情筋を鍛えれば頬のラインもキュッと上がり、小顔効果が期待できます。

引き締め効果のあるパック

加齢によって、頬にたるみが出てくると顔が大きく見えてしまいます。美容効果や引き締め効果の高い美容成分がたっぷり入ったパックをすることで、肌を引き締めることができます。

どのくらい通うと効果が出るの?

エステサロンで、施術を受ければ1回で効果は出ます。ただその効果は一時的なものです。初めは効果が維持できる期間は2〜3日でしょう。効果を持続させるためには、繰り返しエステサロンで施術を受ける必要あります。

通い始めから数回は2〜3週間に1回。その後は1か月に1回が目安になります。繰り返し施術を受けることで、効果を維持できる日数が増えていきます。

しかしむくみの場合には生活習慣も影響します。肩こりがある人、姿勢が悪い人、アルコールを飲む人、タバコを吸う人などはむくみやすいです。小顔になりたいという思いがあるのなら普段の生活習慣を見直す必要があります。

小顔エステの費用はどれくらい?

エステサロンでは、サロンによって使っている化粧品や機械が違います。同じサロンでも施術内容や時間で金額は変わってきます。そのため、フェイシャルエステの相場はいくらとは言い難いものです。

フェイシャルの場合、施術時間は60分〜90分で3,000円〜10,000円程度で行っているサロンが多いようです。また、1回ずつの支払いよりもコースで契約をした方が割安になる場合もあります。

それぞれのエステサロンでは、サロンやスタッフの雰囲気も違います。もちろん、ハンドマッサージの仕方や使っている化粧品、機械も違うので、いきなり契約してしまうのではなく、まずはお試しコースなどを利用して複数店舗回ってみるとよいでしょう。お試しコースでは通常の内容を低価格で受けることができます。

エステサロンでの効果を持続させるためには?

エステサロンでの効果を持続させるためには自宅でのケアが大切です。自宅では日々セルフケアを続け、エステサロンではスペシャルケアを受けるというイメージです。

むくみ解消のセルフマッサージや表情筋のエクササイズを行う習慣をつけましょう。また大量のアルコール摂取はむくみの原因になります。アルコールを摂取すると体はアルコールを分解して体外へ排出しようとします。トイレが近くなるのはこのためです。水分が排出されるため、体は脱水症状になり喉が乾いた感じがします。そしてさらに水分を取ってしまうことで、むくみやすくなってしまうのです。またアルコールを飲むときには味が濃く塩辛いおつまみを食べることが多いでしょう。塩分の多い食べ物も体に水分を溜め込んでしまう原因になります。
また、タバコは血管を収縮させて、血液循環を悪くさせるので、むくみやすくなってしまいます。

せっかくお金を払ってエステサロンに通うのなら、このようなことも気を付けたいですね。