コントロールカラーの色別効果を解説!お悩みによって使い分けよう!

こんにちはあやです。
あなたはメイクの際にコントロールカラーを使っていますか?
お肌の「部分別お悩み」をしっかりカバーするには、コントロールカラーを上手に使い分けることが大切です。

『コントロールカラーを制する者はメイクを制する!』と言っても過言ではありません。

今回は、「コントロールカラーってどんな効果があるの?」「肌悩みによって使い分けができるようになりたい!」と思っている方に向けて、コントロールカラーの色別効果を詳しく解説していきたいと思います。
今まで、なんとなく使っていた方も一度チェックしてみてくださいね。

コントロールカラーの使い分けできていますか?

コントロールカラーという言葉は耳にしたことがある、という方が多いでしょう。
でもきっと、実際にコントロールカラーを正しく使い分けができているか?と問われると、ちょっと自信がない…なんて人もいますよね。

メイクをする上で、コントロールカラーは「気になるお肌の悩み」を自然にカバーし、美しい肌に見せるために必要なものです。
化粧下地としての役割を果たしながらも、それぞれの部位によってピンク・ブルー・グリーン・イエローなどの「色」をプラスすることによって、お肌の色を補修したり補正したりしてくれる優秀なアイテムとなります。

コントロールカラーの色別効果をチェック!

メイクにコントロールカラーをプラスする際に、一番大切なことは「自分のお肌の悩みに合った色を選ぶ」ということです。
でも「肌悩みはわかっているけど、何色を選んだらいいかわからない…」という方も少なくないでしょう。

ここでは、色別にコントロールカラーの効果をご紹介していきます。

ピンク

ピンクのコントロールカラーは、「顔色が良くない」「くすみが気になる」「健康的な肌色に見せたい」といったお悩みを持つ方にオススメです。
血色の良いお肌をつくり、明るく健康的な印象を与えることができます。
また、ブルーベースの肌の方にも是非使って欲しいカラーのひとつです!

グリーン

「ニキビ跡やお肌の赤みを消したい」と思っている方には、グリーンのコントロールカラーがぴったりです。
赤みが気になる部分に「オークル」や「ベージュ」のコンシーラーやファンデーションを厚塗りしてしまっている人もいるかもしれませんが、実はそれ…間違っているのです。

赤みが出ているお肌には、グリーンを重ねることで透明感を出し、ナチュラルにカバーすることができるんですよ。

ブルー

ブルーのコントロールカラーは、イエローベースのお肌の方にオススメです!
特に「くすみが気になる」「透明感をアップさせたい」と感じている方には、最適の色。
透き通るような白い肌を演出してくれます。
主に、頬の高い部分や鼻筋を中心に「下地ハイライト」のイメージで使用するのが良いでしょう。

イエロー

シミやクマ、そばかすや黒ずみなど「メラニン」や「色素沈着」が原因となって起きている肌トラブルをカバーするのに適しているのが、イエローのコントロールカラーです。
気になる部分にピンポイントで乗せると、自然にお悩みを隠すことができます。
塗りすぎてしまうと、逆に浮いてしまうので少量を軽くつけるようにしてくださいね。

コントロールカラーの使い方

コントロールカラーは、化粧水や乳液で整えたお肌全体に「化粧下地」を塗った後にポイントで使用していきます。
お悩みに合わせた色をチョイスしたら、少量を指にとりポンポンと優しく叩くようにして馴染ませていくのがオススメです。

このときに注意して欲しいのが、コントロールカラーを使う時には顔全体に塗り広げないこと!
「あっちも気になる、こっちも気になる」と、広範囲に塗ってしまうと厚塗り感が出てしまったり、メイク崩れの原因となってしまうことがあります。
コントロールカラーを塗りすぎたときの厚塗り感は、まわりから年齢以上に老けて見られてしまう「老け顔」にもなりかねません。

あまりこういう例えは良くないかもしれないのですが、「顔だけやたらと浮いているオバちゃん」って見たことありますよね…。
あれは、コントロールカラーを広範囲に塗り広げ過ぎたり、量を多く使いすぎてしまっていることが原因のひとつなんです。

コントロールカラーを使うときには、本当に必要な場所に「必要最低限の量」をナチュラルに乗せていくイメージで取り入れましょうね。

まとめ

今回は、コントロールカラーの色別効果や使い方についてご紹介してきました。
せっかくメイクをするなら、「できるだけ美肌に見せたい」と女性なら誰でも思うものです。

お肌の赤みやくすみ、色ムラなどのお悩みも「コントロールカラー」を正しく選んでメイクに取り入れることによって、ファンデーションを厚塗りしなくてもナチュラルでキレイな肌に見せることができます。
ぜひ、あなたの肌悩みに合ったコントロールカラーを選んで使ってみてくださいね。