メイクブラシの種類と選び方

こんにちはあやです。
メイクブラシが正しく使えると、それだけでメイクの仕上がりが格段に変わります。ただ、形の違うブラシがたくさんあってもどう使ったらいいのかわからないと言う人もいるでしょう。ここでは、メイクブラシの種類や選び方、お手入れ方法についてまとめました。

メイクブラシの種類

メイクブラシには、色々な形や大きさのものがあります。それぞれ正しい用途で使わないときれいにメイクを仕上げることはできません。まずはどのようなメイクブラシがあるのかご紹介します。

ベースメイク用

ファンデーションブラシ
パウダーやリキッドなどファンデーションの種類を選ばず使えるブラシとリキッドファンデーション用のブラシがあります。
コンシーラーブラシ
シミやくすみ、クマを消すなど部分的なメイクに使います。
パウダーブラシ
ファンデーションの仕上げに使います。
チークブラシ
パウダーチークを使うときに使用します。
アングルブラシ
ハイライトやシェーディング、チークを使うときに使用します。
ノーズシャドウブラシ
鼻筋にノーズシャドウを入れるときに使用します。
フィニッシングブラシ
仕上げに使用するブラシです。余分についてしまったパウダーなどを落とし、ファンデーションの密着度を高めて、毛穴をカバーすることができます。

ポイントメイク用

アイシャドウブラシ
アイシャドウブラシには大小のサイズがあります。大きいブラシはアイホールにベースカラーを乗せるときに使います。ハイライトやシェーディングなどを使うときにも使えます。小さいブラシはアイホールからアイラインまで細かく使うことができます。
アイライナーブラシ
アイライナーを入れるときに使うブラシです。平で毛先はまっすぐなものや斜めになっているものがあります。リキッドを引きやすいように、さらに毛先が細くなっているアイライナーブラシもあります。
ブレンディブラシ
アイシャドウを塗った後、このブラシを使うことで色が混ざり合い自然なグラデーションを作ることができます。
スクリューブラシ
眉毛の流れを整えるブラシです。ダマになったり、付きすぎたマスカラを取ることもできます。
アイブロウブラシ
パウダーで眉毛を書くときに使います。ペンシルで書いたアイブロウをぼかしてナチュラルに仕上げるときにも使います。
リップブラシ
リップの輪郭を塗ったり、唇全体に口紅を塗るときに使います。

使い心地がいいのはどのメイクブラシ?

メイクブラシの毛は人工毛、天然毛、人工毛と天然毛の混合があります。

人工毛はチクチクして、天然毛は柔らかく質が良いというイメージがあるかもしれませんが、最近は人工毛でも柔らかく質の良いものがたくさんあります。なので、一概にどちらがいいとは言えません。

また天然毛でも山羊、リス、馬、イタチなど使われる動物の種類によって硬さや質感は違います。きれいにメイクを仕上げるためには、自分が使いやすいと思うものを選ぶのが正解です。

また、メイクブラシはただ柔らかければいいというわけではありません。ファンデーションブラシならある程度毛量があって、短くしっかりしたものが使いやすいですし、パウダーブラシなら弾力があってブラシ部分の大きなものが使いやすいです。

メイクする部分によって毛質を変えるのもメイクをきれいに仕上げるコツです。

最低限揃えたいブラシは?

プロのメイクさんは用途に合わせてブラシを使い分けるためとてもたくさんのメイクブラシを持っています。でも自宅で自分のメイクをするのであれば、何十本もブラシは必要ありません。それに、数を揃えようとあまりにも安価な人工繊維のメイクブラシを購入してしまうと、チクチクしたり、化粧ノリも悪かったりするので、それなりに質の良いものを必要な分だけ持っていれば十分です。

最低限持っておきたいのは、パウダーブラシ、チークブラシ、アイシャドウブラシの3点です。これらはほとんどの場合、購入したときに付属のパフやチップが付いていますが、それを使ってメイクをするのとメイクブラシを使ってメイクをするのでは仕上がりに格段の差が出るので、ぜひ用意したいところです。

それに加えてさらに揃える場合にはファンデーションブラシ、シャドウブラシ、アイライナーブラシ、アイブロウブラシ、リップブラシを検討しましょう。どれも1本ずつで大丈夫です。余裕があれば、サイズ違いのアイシャドウブラシやフィニッシングブラシもあるといいですね。

メイクブラシの使い方とお手入れ方法

メイクをするときには、メイクブラシの先にふんわりと付けて使用します。根元まで付けたり、毛先にたくさん付けてメイクをしようとすると、最初に触れたところに付きすぎたり、ムラになりやすくなります。少しずつ足りなければ重ねてつけるような気持ちで使うと自然に仕上がります。

また、使うたびにティッシュで毛先を拭いて、残ったメイクを落としておきましょう。毛先にこびり付いて固まってしまうのを防ぐためです。

また、メイクブラシは一本で使い回すことも可能です。例えば中サイズのアイシャドウブラシを持っていれば、アイホール、アイライン、ハイライト、シェーディングなどに使用できます。使いまわすときには、ティッシュで拭き取って次の色を付けます。

また、週に1回はブラシを洗うようにしましょう。雑菌が繁殖しやすいですし、顔に付けるものなので、清潔に保つようにしましょう。こまめにお手入れをする事で、ブラシも長持ちしますし、使い心地の良い状態を保つことができます。