メイクブラシを使ったメイクの仕方!簡単きれいに仕上がるコツ

こんにちはあやです。
「メイクが上手くできない」「メイクが苦手」「メイクのマンネリをどうにかしたい」と思う人は、ぜひメイクブラシを使ったメイクに挑戦してみてください。プロのメイクさんはファンデーションから仕上げまでメイクブラシを使いますよね。それはブラシの方が肌に馴染んでムラなくきれいに仕上がるからです。コツさえ押さえれば、ブラシを使ったメイクはとても簡単で、仕上がりはとてもきれいになります。特に難しい技術は必要ないんですよ。ここでは、メイクブラシを使ったファンデーションとパウダー、チークの仕方についてまとめました。

ファンデーションもメイクブラシで

ファンデーションは購入したときに付属のスポンジが付いていることが多く、そのスポンジを使ってメイクをしているという人がほとんどだと思います。でもスポンジでファンデーションを付けるとムラになりやすかったり、濃くついてしまって厚化粧感を出してしまうこともあります。またスポンジが肌と擦れることで刺激にもなってしまいます。

ファンデーションをブラシでつけることで、少量でムラなくナチュラルに仕上げることができます。また、ブラシの毛先は細いのでファンデーションを毛穴にも馴染んで密着させることができ、肌表面を均一に整え、そして崩れにくいというメリットがあります。

ファンデーションに使うメイクブラシは、リキッドかパウダーかによって違います。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションの場合には、ブラシにコシがあって、薄く平になっているものがおすすめです。

熊野筆 リキッドファンデーション用ブラシ

写真引用元:楽天市場

① 手の甲にファンデーションを出します。量はパール一粒分くらいです。ブラシの毛先に1/3程度取り、まずは面積の広い頬の部分を塗っていきます。左右で分けて行いましょう。鼻の脇から外側へ向かって塗っていきます。目の下や口の周りも忘れずに塗りましょう。片方ができたらファンデーションを先程と同量取り反対も塗っていきます。
② 次に手の甲に残ったファンデーションの半分くらいを取っておでこを塗ります。眉間か生え際へ向かって塗っていきます。
③ 鼻筋に沿って鼻に塗り、小鼻の脇は毛先を使って塗っていきます。ファンデーションは足りなくなったら少量ずつ足していってください。
④ 最後に目の周りにぬります。上まぶたも下まぶたも目頭から目尻に向かって塗ります。
⑤ 全体を確認してムラがあるところをブラシで撫でて馴染ませていきます。

パウダーファンデーションの場合には、毛量が多く、毛先がフラットになったタイプのブラシがおすすめです。
粉っぽくなりがちなパウダーファンデーションは、毛先にたくさんつくとムラになりやすいので、ブラシの先にファンデーションをつけたら一度ティッシュにトントンとして余分なファンデーションを落とし、均一にしてから肌につけます。
塗り方はリキッドファンデーションと同じです。

Shu uemura ペタル55ファンデーションブラシ

写真引用元:shu uemura

アマゾンLink(少し高いW)

写真引用元:アマゾン

リキッドファンデーションの仕上げにはパウダーを付けます。
パウダーはパフでつけるとマットな仕上がりになりますが、ブラシでつけると透明感がアップして、美肌効果があります。
パウダーに使うメイクブラシは毛量があってふわふわの柔らかい質感のあるものがおすすめです。

RMKファンデーションブラシ

写真引用元:楽天市場

① ブラシにパウダーをつけたらティッシュにトントンとして余分なパウダーを落とします。
② 塗り方はファンデーションと同じです。まずは面積の広い頬から。左右に分けて鼻から外に向かってサッと筆で撫でるようにつけていきます。
③ おでこは眉間から生え際に向かって、鼻筋につけたら小鼻の脇も忘れずに。
④ 目の周りは目頭から目尻に向かってつけましょう。

チークブラシを使うとふんわり自然な色付きに。

チークをつけるときには、チークブラシを使います。チークブラシは、パウダーブラシより一回り小さくなりますが、毛量が多くふわふわ柔らかい質感のブラシがおすすめです。

ハウスオブローゼ チークブラシ

写真引用元:楽天市場

① パウダーチークをブラシにつけたら手の甲でクルクルとして、余分なチークを落とします。
② 頬骨の1番高いところからクルクルと小さく円を描くようにこめかみに向けてつけていきます。ブラシはやや寝かせ気味に肌に当てるのがポイントです。

顔をシャープにとなっぽく見せるために、細く立体的なチークを入れたいという場合には毛先が斜めになっているアングルブラシを使いのがおすすめです。斜めになっているので頬骨に当てやすく、自然な立体感が出せます。アングルブラシはシェーディングやハイライトをするときにも使えます。

筆先が斜めになっているのが特徴です。チーク、シェーディング、ハイライトをのせるのに便利で、し筆先の斜めが頬骨やフェイスラインにフィットしてくれるので自然な立体感が手に入ります。
耳横の頬骨の下にシェーディングを入れやすかったり、その細長い形がチークを入れやすかたりします。

ローラメルシエ チークブラシ

写真引用元:楽天市場