スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤクルトの化粧品って知ってる?乳酸菌由来の優しさでイキイキ肌へ!

スポンサーリンク

こんばんはあやです。
乳酸菌飲料でお馴染みの「ヤクルト」から、化粧品シリーズが販売されているのをご存知ですか?

現在のヤクルトは、プラスチック容器で売られていますが、昭和30年代には「ビン」に詰めて販売されていました。
実は、そのビンが回収されたあとは、手作業により洗って再利用する…という流れだったのですが、ヤクルトのビンを洗っていた人達の手が驚くほどキレイでなめらかだったと言われています。

これこそが、ヤクルトの化粧品が誕生した理由。
乳酸菌には、お肌を守り「うるおい」をキープするチカラが秘められていることを発見したのがヤクルトなのです。

今回は、知る人ぞ知る「ヤクルトの化粧品」についてわかりやすく解説していきたいと思います。
是非、最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤクルトの化粧品とは?

ヤクルトと言えば「おなかにいい乳酸菌」が入っている小さな飲料を思い浮かべる方が多いでしょう。
しかし、乳酸菌にはお肌を守る「うるおい成分」があることを、昭和20年代にはすでに見つけていました。

発見したのは、ヤクルトの創始者である代田稔博士。
ヤクルトの容器に書かれている「乳酸菌シロタ株」をいう文字を見たことがある方も少なくないでしょう。
ヤクルトの根本となる「シロタ株」の培養に成功したのが、まさに代田稔博士なのです。

乳酸菌は、腸まで届いてお腹の調子を整える効果がありますが、肌にも良いことを知った博士は研究を重ねて、化粧品成分としてヤクルト独自の乳酸菌由来の保湿成分「乳酸菌はっ酵エキス」の開発を行いました。

これがヤクルト化粧品の元祖です。
現在では、ラインナップが豊富になり、美白やエイジングケアにも対応したシリーズも販売されています。

「おなかにイイものは肌にも良い」というコンセプトのもと、ヤクルト化粧品は今でも進化を続けながら愛されているのです。

乳酸菌って本当にお肌にいいの?

乳酸菌がお肌にいいとされているのは、どんな理由やメカニズムがあるのでしょうか。

もともと人間の肌には、多くの菌が常在しています。「菌が住みついている」と言うと、なんとなくイメージは良くないかもしれませんが、ニキビで有名なアクネ菌や、美肌菌として知られる「表皮ブドウ球菌」も、そのうちのひとつです。
数百億個の菌がバランスよく「平和」に暮らしているのが、キレイなお肌の条件とも言えるでしょう。

乳酸菌は、腸内の悪玉菌・善玉菌のバランスを整える働きをすることで有名ですが、実はお肌の常在菌を「良い環境」へと導く働きもあるのです。

大豆由来の「ビフィズス菌はっ酵エキス」はお肌にハリを与えてみずみずしく保ち、「乳酸菌はっ酵エキス」は、お肌にもとから含まれている「うるおい因子」と似たような働きをするため、皮膚に馴染みやすく保湿効果があります。

乳酸菌は、お腹の中だけではなく「肌環境」までコントロールしてくれる救世主とも言える存在なのです!

ヤクルト化粧品のラインナップまとめ

ヤクルトの化粧品は、大きな広告を出しているわけでもなく、テレビCMで見かけることもありません。そのため「知る人ぞ知る化粧品」であるのが現状です。

ここでは、「ヤクルト化粧品ってどんなものがあるの?」と興味を持った方に向けて、4種類のラインナップを簡単にご紹介していきます。

乳酸菌の力で天然保湿 イキテル(ikitel)

毎日手軽に「乳酸菌スキンケア」を行いたい人のためのシリーズが、「イキテル(ikitel)」です。
ヤクルト独自の乳酸菌由来の保湿成分を配合し、シンプルで優しいお手入れを続けることができます。もちろん、無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフルー・弱酸性なので、お肌が敏感な方にも安心して使ってもらえるのが特徴。

ビフィズス菌由来の美肌成分や、乳酸菌はっ酵エキスもしっかりと配合しているのに、リーズナブルな価格で購入できるのも嬉しい点でしょう。

50歳からのエイジングケアにPARABIO

ヤクルト化粧品の中でも最高峰の研究技術を凝縮してつくられたのが、エイジングケアシリーズの「PARABIO(パラビオ)」です。

乳酸菌はっ酵ミルクとラメラ粒子を配合し、年齢が気になるお肌に健やかなハリ感をもたらします。
「ラメラ粒子」は、ヤクルト独自の研究から生まれた保湿成分。
角質層に存在する細胞間脂質とよく似た働きをするため、お肌にしっかりと馴染み「水分」を豊富に保つことができます。

美肌をつくるのは「土台」となる肌細胞が重要!ということを形にした化粧品が、パラビオシリーズです。


透明感のための美白スキンケア REVECYホワイト

ホワイトニング効果で「美白」を目指し、ブライトニング効果によって「透明感」を追求するのが、ヤクルト化粧品の「REVECYホワイト」です。

ヤクルト独自の透白メソッドと呼ばれるテクノロジーを駆使し、シミやくすみなどのトラブルを同時に防ぎ、明るい印象のお肌へと導きます。

乳酸菌エキス、ビフィズス菌エキス、高分子ヒアルロン酸から成る「トリプル乳酸菌」の黄金比率で、透白度の高いうるおい肌をつくってくれるのが特徴です。

うるおい不足と感じたら リベシィ(REVECY)

「毛穴が気になる」「カサつきのせいで化粧ノリが悪い」「肌ハリが低下している」などのお悩みをお持ちの方にオススメなのが、グリーンのボトルが目印の「リベシィ」です。

植物と乳酸菌のチカラを掛け合わせた美容有効成分が、うるおい不足のお肌を「健康的なぷるぷる肌」に変化させてくれるシリーズ。

森林浴をしているかのようなフレッシュグリーンの清々しい香りも、多くの女性から好評ですよ!
トップノートはグリーン+シトラス。ミドルノートはフローラルブーケ。そしてラストノートは、心地よいムスク+アンバーの香りに変化します。


まとめ

今では、様々な美肌成分が配合された化粧品があらゆるメーカーから販売されています。
しかし「乳酸菌」を化粧品にプラスしているものは多くありませんよね。

一度使うと「手放せなくなる」と話す方も多いのが、乳酸菌入り化粧品の特徴。
お肌の常在菌バランスをしっかりと整えてくれるため、トラブル知らずの強い肌へと導いてくれます。

ヤクルトの化粧品は、デパートやドラッグストアなどの店頭では手に入れることができませんので、「購入してみたい」という方は、ネットからの注文がおススメです。
トライアルセットも用意されていますので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。