手の血管が浮き出て目立つ?ハンドベインなら今すぐ対策をしよう

こんにちはあやです。
この記事に辿りついたあなたは、このような症状で悩んでいませんか?

「最近急に手の血管が浮き出るようになってしまった」
「ボコボコした手を人前で見せるのが恥ずかしい」

手の血管が浮き出て目立つことを気にしている女性は、実は結構多いのです。
手の甲や腕の部分の血管が膨れて目立ってしまう症状のことを「ハンドベイン」と呼びます。

しかし、ハンドベインは病気ではありません。

とはいえ美容面では、かなり気になってしまうし、何かと人に見られることの多い「手の甲」だからこそ、なんとかしたいと思いますよね。

今回は、手の血管が浮き出て目立つ「ハンドベイン」の原因と対策について解説していきたいと思います。
ハンドベインで悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ハンドベインの原因は?

「手の甲」の血管が浮き出る理由は、大きくわけて3つあります。
それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

血管の老化

手の甲に青く浮き出ている血管は、すべて「静脈」です。
この静脈血管の壁はもともと薄く、拡張しやすいつくりになっています。

加齢とともに血管自体も老化してくると、血管壁の弾力が失われ血管そのものが拡がって太くなってしまうのです。
そのせいで、手の甲側から浮き出てくる現象が起こります。

皮下脂肪の減少や痩せすぎ

女性は年齢を重ねてくると、女性ホルモンの分泌が減少してきます。これにより、「女性らしい身体をつくる」皮下脂肪も減ってくるのです。

手の静脈は皮膚のすぐ下に走っているため、皮下脂肪が薄くなると血管が目立つようになります。
もちろん年齢だけの問題ではなく、「痩せすぎ」の女性だと10代や20代からハンドベインに悩まされている人も少なくありません。

私も一時期、手の血管が気になる時期があり、かかりつけの内科の先生に相談したことがありました。

先生から返ってきた言葉は、「太ったら脂肪に埋もれて見えなくなるよ(笑)」というシンプルなもの。私自身、そこまで痩せすぎているわけでもないのですが、このときは確かに人生の中でも一番体重が減っていた時期でした。

ある程度の皮下脂肪をつけておくのも、美をキープするためには必要なんだな…と改めて実感したのを覚えています。
(その後、ベスト体重に戻ったら手の血管も目立たなくなりました。)

手肌の乾燥

手荒れで悩む女性は多いものですが、乾燥すると肌の弾力が低下して「ハンドベイン」が起きやすくなります。

ここで言う“乾燥”とは、肌表面の乾燥のことだけではなく「細胞レベル」の渇きのことを指します。
お肌のうるおいを保つためのコラーゲンやヒアルロン酸が細胞の中から減少すると、皮膚が薄くなってしまい、血管が目立ちやすくなるのです。

浮き出た血管を目立たなくする応急処置がある!

ふと気が付いたときに、自分の手の血管がかなり浮き出ていて焦ったことはありませんか?
そんなときにできる応急処置として、おすすめの方法をご紹介します。

やり方はとっても簡単。
手を心臓より高い位置に上げましょう。そして、そのまま10秒キープします。
すると…アラ不思議!血管が瞬時に目立たなくなっちゃうんです。

手を上げて血液を下げることによって、拡張した静脈血管を一時的に収縮させる効果があります。

気になったときに定期的に行うようにすれば、これ以上血管が拡張するのを遅らせることも期待できるので、是非やってみてくださいね。

血管の老化防止ケアを行いましょう

上記の方法は、あくまでも応急処置です。根本的な原因から改善していくためには、日々の積み重ねが大切。

ここでは「血管の老化」を防止するために必要なことをご紹介しますので、意識して注意してみてくださいね。

食事の質を見直そう

よく耳にする「血管年齢」という言葉がありますが、実年齢が同じ「30代」でも血管年齢が20代の人もいますし、血管年齢が50代の人も存在するんです。

血管年齢を左右するのは、食事の質が大きいです。
コレステロールや脂肪分の多い食生活を続けていると、血管がどんどん老化してしまいます。

野菜や果物、魚などを積極的に摂取して「バランスの良い食生活」を目指しましょう。

生活に軽い運動を取り入れよう

血管の老化を招くものとして、運動不足による血行不良も挙げられます。
特に、むくみや冷えが気になる女性は要注意!

ウォーキングなどの軽い運動でも構いませんので、生活に取り入れるようにしましょうね。

飲酒はできるだけ控える

手の血管が浮き出る「ハンドベイン」で悩んでいる方の場合、アルコール摂取は大敵。
血流や血圧が高くなり、静脈血管を拡張してしまう原因になります。

お酒を飲んだときに起きる「アルコール頭痛」というものがありますが、これは脳内の血管がむくんで起きる痛みのこと。

お酒を飲めば、もちろん手の血管にも影響を及ぼしますので、できるだけ飲酒は控えるようにしてくださいね。

まとめ

今回の記事では、手の血管が浮き出て目立つ「ハンドベイン」と呼ばれる症状について解説してきました。

ハンドベインは年齢を重ねるごとに進行していくものですが、正しい対策を行えば悪化を遅らせたり、症状を改善することもできます。

また、「どんな方法でもいいからキレイに治したい」という場合には、レーザーでの治療もあるんです。
ハンドベインのレーザー治療については、また別の機会に詳しくお話しますね。

まずは、今日からできる血管対策を積極的に行っていきましょう。