毛抜きで脱毛するメリットとデメリット!毛が生えてこなくなるって本当?

こんにちはあやです。
自宅でムダ毛の自己処理をする際のアイテムとして、「毛抜き」があります。
安いものなら100円で購入することもできるため、中学生や高校生でも気軽に手に入れることが可能ですよね。
ムダ毛を「抜く」という行為は昔から行われてきた、いわば「原始的」な脱毛方法です。

今回の記事では、そんな昔ながらの「毛抜き」で脱毛する際のメリットとデメリットと合わせてご紹介したいと思います。

さらに多くの方が、密かに気になっている「毛抜きを使うと毛が生えてこなくなる説」についても、私の実体験をもとに解説しますので参考にしてみてくださいね。

毛抜き脱毛のメリットとは?

毛抜きを化粧ポーチに入れて、常に持ち歩いている女性も少なくないでしょう。
外出先でふと見つけた1本のムダ毛も、トイレでこっそり処理できる手軽さが便利ですよね。
他にはどんなメリットがあるのか、早速見ていきましょう。

【1】抜いたら数週間は生えてこない

毛抜きで処理したムダ毛は、1~2週間程度は生えてきません。もちろん、毛穴ごとに毛が生えてくるサイクルは異なりますので、「ムダ毛予備軍」が準備されている毛穴に関しては、数日で肌の上に顔を出します。
完全にツルツルの状態を数週間キープできるわけではありませんが、お手入れ回数が少なくて済むのは「毛抜き」の大きなメリットです。

【2】手触りがチクチクしない

カミソリで処理をすると、毛の断面が鋭くなってしまうため、少し生えてきただけでも「チクチク」とした手触りになってしまいますよね。
早い人で12時間程度、遅い人でも24時間経つと「肌のジョリジョリ感」が気になり出すことがほとんどです。
その点、毛抜きで処理したムダ毛は毛根から全て抜き去るため、次に生えてくる毛の断面がチクチクしないメリットがあります。

【3】とにかく費用が安い

毛抜き自体は100円ショップでも手軽に購入することが可能です。
これひとつあれば、どんな場所のムダ毛でも自分で処理できるため、とにかく費用が安く済むということは毛抜きのメリットと言えます。
家にひとつ、外出用のポーチにひとつ…と手軽に買うことができるのは嬉しいですね。

毛抜き脱毛のデメリットとは?

ここまで毛抜きのメリットをお伝えしてきましたが、実は毛抜きでの自己脱毛には大きなデメリットもあるのです!
毛抜きの悪い面もしっかりと把握したうえで、使用するようにしましょう。

【1】肌や毛穴に大きなダメージ!埋没毛も発生!

毛抜きで毛根からムダ毛を引っこ抜くと、毛穴に毛根細胞の一部が破壊されかけたまま残ることがあります。
すると毛穴がふさがった後に、皮膚の下で毛が伸び続けてしまい、炎症を起こしたり「黒いポツポツ」のような見た目になってしまうことがあります。
これを埋没毛と呼ぶのですが、一度発生してしまうと硬いスポンジで擦ったり、針で取り除いたりしなければならないため、肌にも毛穴にも大きなダメージを与えます。

【2】痛い!場所によっては激痛!

毛抜きで脱毛する場合には、痛みを伴います。皮膚が柔らかい部分は、大きなストレスを感じるほどの激痛です。
特にVIOなど粘膜が近い場所に関しては、毛抜きでの脱毛はやめましょう。デリケートな皮膚の毛を無理矢理抜くと出血することもあり、雑菌が入ると肌トラブルの原因となってしまいます。

【3】脱毛作業が面倒くさい!時間がかかる!

実際に「毛抜き」を使ったことがある方はわかると思いますが、毛抜きでの脱毛作業は1本1本抜いていくため、とても時間がかかり「面倒くさい」というデメリットがあります。
特に毛量が多い方の場合には、片ワキだけでも1~2時間もかかってしまうのです。
「毛を抜くのが趣味って言えるほど大好き!手間も時間も惜しまないわ」といった方でなければ、継続してお手入れすることは難しいでしょう。

毛抜きを使うと毛が生えてこなくなる説について

毛抜きでムダ毛を抜くと。その毛穴からはもう毛が生えてこなくなるのか?
私自身、過去に毛抜きを使って膝下のムダ毛をチマチマと抜いていたことがあります。

その結果、毛の密度が5分の1程度まで減りました。すべての毛穴からムダ毛が生えてこなくなったわけではありませんが、確実に毛根にダメージを与えていることは確かです。
破壊されたと思われる毛穴からは、何年経っても毛が生えてきません。

眉毛も「抜いたら生えてこなくなっちゃうから、お手入れをする際は剃るかカットするだけにしましょう」と言われていますよね。
恐らくその原理と同じことが私の膝下にも起きたのだと思います…

ただし、毛抜きで抜いていた頃には「埋没毛」や毛穴トラブルも多少なりともありましたので、やはりオススメできる脱毛法ではありません。
良い子はけっして真似をしないでください。

まとめ

今回は、毛抜きで脱毛するメリットとデメリットを中心にご紹介してきました。
手軽で安いというメリットもある毛抜きですが、長期的な目でみると「デメリット」の方が大きいです。
毛抜きを一時的や部分的に使用するのは問題ありませんが、継続して広範囲の脱毛に使うことは避けた方が良いでしょう。