甘酒には女性にうれしい成分がいっぱい。美容やダイエットにも効果的

こんにちはあやです。
「飲む点滴」「飲む美容液」とも言われる甘酒。美容やダイエットに関心のある女性から注目を集めています。甘酒は、米麹や酒粕から作られる発酵食品です。発酵食品が健康に良いということはよく知られています。甘酒も米麹や酒粕を発酵させているので、多くの酵素やビタミン類を含んでいます。ここでは甘酒の持つ栄養素やどのような効果が期待できるのかについてまとめました。

米麹から作られる甘酒と酒粕から作られる甘酒に違いはあるの?

「甘酒」と言っても原材料の違いから2種類の甘酒があります。1つは米麹から作られる甘酒で、もう1つは酒粕から作られる甘酒です。どちらも栄養が豊富に含まれていますが、原材料が違うので、アルコールを含むかどうかや、風味、味、栄養価などに違いが出ます。

米麹とは、蒸した米に麹菌というカビの一種が生えたものです。カビと言っても毒素を出さない、体に良くて食べられるカビです。日本では古くから使われていて、お酒や味噌、みりんにも米麹は使われています。

一方酒粕は、日本酒を作る過程でできる副産物です。米麹にもろみを加え、絞ったものが日本酒です。そして絞って残ったものが酒粕になります。日本酒の残りなので、アルコール分を含みます。

そのため、酒粕からできた甘酒は、アルコールに弱い人や子供、日中に飲むには不向きです。米麹からできた甘酒ならアルコールを含まないので、妊婦さんや子供でも安心して飲むことができます。

また、味や風味にも違いがあります。酒粕から作られた甘酒は、日本酒のアルコールのにおいがします。砂糖で甘みを足されているものが多いです。お酒が好きな方にはおいしいと感じるでしょうが、日本酒独特の香りが苦手という方には不向きです。

米麹から作られる日本酒は、砂糖が入っていないものが多く、お米の自然の甘さが引き立ちます。アルコール分が入っていないので、お酒のにおいもありません。発酵時間によって甘みやコクが変わってくるので、あっさりとした飲み口が好きな人は発酵時間8時間程度のものを、より甘みやコクが感じられる方がよければ発酵時間10時間以上のものを選ぶと良いでしょう。

そして、この2種類の甘酒は栄養価も違います。どちらの甘酒も健康に良いですが、栄養価に違いがあります。

米麹から作られる甘酒は、ブドウ糖やオリゴ糖など甘みを感じる成分が含まれているため、砂糖を加えなくてもおいしく飲むことができます。そのため、カロリーは控えめです。
米麹の甘酒はカリウムやマグネシウム、リンなどミネラル分が豊富です。ビタミンB群も含まれますが、酒粕の甘酒と比べると少なくなります。発酵時間が長いほどビタミンB群は増えるので、ビタミンB群を摂取したいのなら発酵時間の長い物を選ぶと良いでしょう。また、米麹に含まれるブドウ糖には、満腹感を得られる効果があります。そのため食べ過ぎを防ぐことができます。そして、もう1つの甘み成分であるオリゴ糖は腸内の環境を整えてくれるので、便秘解消効果が期待されます。さらに、リパーゼという酵素が含まれていますが、このリパーゼという成分は脂肪をエネルギーに変えてくれる働きをします。

酒粕から作られる甘酒は、もろみが日本酒として絞られた後残ったものです。そのため、お米の甘みやミネラル分は少なくなってしまいますが、食物繊維は豊富になります。酒粕だけならカロリーは低くなります。しかしそのまま甘酒にしても甘みがなくおいしいとは言えません。市販の甘酒は飲みやすくするために砂糖が加えられます。そのためカロリーが高くなってしまいます。
発酵時間が長いため、ビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを活性化させる働きがあります。美白効果やシミ、ソバカスの改善に期待できます。他には、肌を作る元になるタンパク質、肌の潤いを保つセラミド、メラニン色素を抑制し、シミやソバカスができるのを防ぐトリアシルグリセロールなどが豊富に含まれています。酒粕の甘酒に豊富に含まれている食物繊維は便秘対策にも効果的です。老廃物を体に溜め込まないようにすることで、吹き出物などを防ぐ効果も期待できます。

このような栄養価の違いからダイエット目的なら米麹の甘酒、美容目的なら酒粕の甘酒を飲むのがおすすめです。

甘酒を飲む時間や量は?

甘酒は健康や美容に効果が期待されますが、薬ではないので即効性はありません。そのため、毎日継続して飲み続けることが大切です。1日の飲む量は200cc、コップ約1杯が目安です。カロリーは低くはないので、あまり飲みすぎると体重が増加してしまうこともあります。
飲む時間は1日の内いつでも大丈夫です。甘酒には寝付きをよくする効果もあるので、ぐっすりと眠りたい人は寝る1時間前に飲むと良いでしょう。脂肪をエネルギーに変える効果もあるのでダイエットが目的の場合には朝飲むといいですね。