美肌に導く初夏のスキンケア〜乳液とクリーム〜

こんにちはあやです。
肌のベタつきが気になる初夏から夏にかけては、スキンケアは化粧水だけで済ませるという人がいます。でもそれは肌の状態を悪くしてしまう間違ったスキンケア方法です。皮脂が出てベタつくのは肌が潤っているということとは違います。逆に内部は乾燥していて、ダメージを受けやすい状態になっているかもしれません。紫外線が次第に強くなってくる季節なので、その影響も受けやすく、シミ、シワ、たるみ、ひやけ、くすみなど様々な肌トラブルにつながってしまいます。ここでは乳液やクリームが必要な理由とおすすめの商品についてまとめました。

スキンケアに乳液やクリームが必要な理由

スキンケア商品には、化粧水、乳液、クリームがありますが、それぞれに役割が違います。

化粧水の役割は肌に水分を補給してうるおいを与えることです。肌の内部に水分を補うことで、肌の調子を整えることができます。しかし、化粧水の成分のほとんどが水です。油分が含まれないので、一度肌に水分を染み込ませてもそのままにしていれば次第に蒸発していってしまいます。

そのため、肌に与えた水分が蒸発しないように蓋をする役割をしているのが乳液やクリームです。

乳液やクリームには、保湿成分や美容成分が含まれているのと同時に油分も含まれていて、皮膚の表面に膜を作ります。それが肌の水分の蒸発を防ぎ、化粧水などの美容効果を長く肌内部に留めてくれることで、化粧水に含まれる美肌効果も十分に発揮させることができます。

なので、化粧水だけでスキンケアを済ませてしまうのは、肌にとってはあまりよくありません。次第に暑くなってくる初夏からは皮脂の分泌が増え「ベタつくから化粧水だけでいいや。」と思っている人は要注意です。

肌は内部が乾燥すると、肌を刺激から守ろうとするため、皮脂の分泌を活発にさせます。そのため、スキンケアがおろそかになっていて、肌が乾燥していると余計に皮脂を分泌させてベタつきやテカリがでやすくなってしまうのです。皮脂分泌が多いと感じている人は、スキンケアを減らすのではなく、逆にしっかりと保湿をすることで改善されるかもしれません。

乳液とクリームはどちらがいいの?

皮脂や汗でベタつきが気になる初夏からの季節には、サラッとした使用感の商品がおすすめです。乳液とクリームではクリームの方が油分が多いので、ベタベタする使用感が苦手という人は乳液を選ぶと良いでしょう。目の周りなど乾燥が気になる部分にはクリームを使うなど使い分けるのも良いですね。

元々乾燥しがちな人やエアコンの効いた乾燥した室内にいる時間が長いという人は保湿効果の高いクリームを使うのがおすすめです。

ミノン アミノモイストチャージミルク100g

伸びがよくスッと肌に馴染む乳液です。無香料、無着色、アルコール無添加、パラベンフリー、紫外線吸着剤フリー、弱酸性なので、敏感肌や乾燥肌の人も安心して使える乳液です。季節の変わり目は肌がごわついたり、デリケートになりやすいので、優しく保湿してくれるミノンはおすすめです。


雪肌精 乳液 エクセレント140ml

ハトムギ、ボタンピ、メロスリア、トウキ、センプクカという保湿効果のある和漢植物エキスを雪肌精乳液よりも2倍配合しています。さらにキッピ、ブクリョウエキスも配合してさらにリッチな保湿効果になったエクセレントはしっとりと肌を包み込み、乾燥から肌を守ってくれます。また、美白有効成分がメラニン生成を抑えるのでシミやソバカスを防いでくれる効果もあり、紫外線の強くなる季節にはピッタリです。


資生堂 ホワイトルーセント ブライトニングジェルクリーム50g

軽く滑らかな使用感のジェルクリームです。メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防いぐとともに、うるおいを与えてみずみずしい透明感あふれる肌に導いてくれる夏におすすめのスキンケア商品です。


CLINIQUE モイスチャーサージ 72ハイドレーダー29g

すっと馴染む心地よさで肌に浸透して、うるおいを巡らせて長時間キープさせます。夜の洗顔後につければ朝のメイク前でも肌はしっとりとうるおった状態を維持しています。乾燥が気になる人にはぜひ試して見てほしい商品です。また、日中乾燥が気になれば、メイクの上からでも保湿効果を発揮させるので、日中のメイク直しの時にも使うことができます。


クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームなどスキンケア商品には種類がありますが、それぞれの役割がわかると、使い方や自分の肌にとって必要な物も選びやすいですね。初夏は季節の変わり目で、紫外線がどんどん強くなっていく時期です。季節の変わり目は外気の変化があり、肌もデリケートになりがちです。しっかりとケアをして刺激から守ってあげたいですね。そうすることで、シミ、シワ、たるみ、くすみなど加齢とともに現れる肌トラブルを防ぐことも可能になりますよ。