肌タイプ別スキンケア方法、乾燥肌

こんにちはあやです。
肌の水分量も皮脂量も不足してしまっている乾燥肌。肌がカサカサして、小じわなど肌の老化に影響するだけでなく、外部からの刺激を防ぐためにあるバリア機能も低下させるため、ピリピリしたりかゆみが出るなどの皮膚トラブルが起こりやすくもなります。以前は空気の乾燥する冬場に、肌の乾燥を感じる人が多かったですが、最近はエアコンの普及により、一年中乾燥した状態の人も多いようです。ここでは乾燥肌のスキンケア方法についてご紹介します。

肌が乾燥してしまうのはなぜ?

肌が乾燥してしまう原因には加齢が関係しています。それは肌の水分量や皮脂量は加齢とともに減少してしまうからです。そのため、年齢に合わせて保湿もしっかりできるスキンケアに変えていく必要があります。もし何年も同じスキンケアを使っていたのなら、もしかしたら保湿効果が足りなくなってきているかもしれません。変わらずスキンケアをしていてるのに乾燥が気になり始めたという人は一度スキンケア商品を見直してみるのも良いでしょう。

加齢以外にも肌の乾燥を引き起こす原因になるものがあります。それは、睡眠不足、食生活の偏り、ストレス、疲労、紫外線、冷暖房、熱いお湯での洗顔などです。

寝不足が続いたり、疲れがたまっていると肌がガサガサしたり、くすんだりして調子が良くないと感じたことがある人は多いと思います。肌は生活習慣やストレスなどの影響を受けやすい場所です。また、過度なダイエットでの食事制限や偏った食事も肌の新陳代謝が落ちてしまい、乾燥の原因になることもあります。

美容に関心がある人は知っていると思いますが、紫外線はお肌の大敵です。紫外線をたくさん浴びて起こる肌トラブルは、シミやシワ、たるみだけではありません。肌の潤いを保つために皮膚表面にあるバリア機能も低下させてしまいます。そのため、皮膚内部の水分が蒸発しやすくなり乾燥が進んでしまうのです。

また、冷暖房を使用すると空気が乾燥します。そのため、肌も乾燥しやすくなってしまうのです。そして、気をつけたいのが洗顔をするときのお湯の温度です。冷水よりもお湯の方が汚れは落ちやすいです。しかし、温度が高いほど、肌の水分の蒸発も多くなってしまいます。冬場は水が冷たいのでお湯で洗うという人も多いでしょうが、お湯の温度には注意が必要です。できれば36度くらいのぬるま湯で洗顔するのが肌の負担や水分の蒸発を考えると一番良いようです。

乾燥肌のスキンケア方法

乾燥している肌は、刺激を受けやすく、ちょっとしたことで赤みやかゆみが出たり、かぶれたりしてしまうことがあります。そのため、スキンケアでは、トラブルを起こさないように刺激の少ないものを使用することが大切です。

クレンジングは、ミルクやジェルなど刺激の少ないものを使用しましょう。オイルクレンジングは汚れ落ちは良いですが、肌の皮脂まで洗い流してしまいます。乾燥肌の人は使用しない方が良いでしょう。

石けんは、泡立てネットを使ってしっかりと泡立ててください。手で洗うのではなく泡で優しく包み込んで、泡で洗うようなイメージで洗顔をしましょう。お湯の温度は36度までにしましょう。お風呂で洗顔するときにシャワーを直接顔に当てている人もいるかもしれませんが、シャワーは勢いもあり、お湯の温度も感じにくいため高めに設定されていることが多いです。肌への刺激を減らすためにも、洗面器にお湯をためて、そこから手ですくって洗い流すようにしてください。

洗顔後は柔らかいタオルを当てて水気を拭き取ります。こすらずポンポンと優しく当てるようにしましょう。

洗顔後はどんどん肌の水分が蒸発してしまいます。できるだけ早く化粧水をするようにしてください。化粧水は手のひらにとって一度両手で包み人肌に温めてから使います。パッティングはせず、押し当てて染み込ませるようにしましょう。コットンで化粧水をつけるのは、乾燥肌の人はしない方が良いでしょう。繊維で擦れることで、肌への刺激になってしまうことがあります。

しっかりと化粧水を浸透させたら、クリームをつけます。クリームは肌へ浸透させた化粧水を留めておく役割をするので必ず使うようにしましょう。

目元や口元頬など乾燥が特に気になるところがある場合にはクリームを2度付けしたり、美容液をプラスするのも良いでしょう。

乾燥肌の人のスキンケア商品は保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、ヒフミドなどが配合されたものがおすすめです。
乾燥を促進させてしまうエタノールなどアルコールが入ったものは避けるようにしましょう。
また美容効果は高いですが、ビタミンC誘導体が入ったものは、皮脂を抑制させる効果があるので、乾燥が気になる人は避けた方が良いでしょう。

そして、生活習慣の見直しも大切です。睡眠時間の確保やバランスの取れた食事をするように心がけましょう。空気が乾燥する季節は、加湿器を使って湿度を調節することも大切です。次回は敏感肌で肌シリーズ完結です。