今さら聞けない!?アロマトリートメントやアロマセラピーって何?どんなことをするの?

こんにちはあやです。
アロマトリートメントやアロマセラピー。よく聞く名前ではありますが、実際にどのようなことをして、どのような効果があるのかまでは知らない人が多いと思います。アロマオイルは花や草など植物から抽出された香りの成分で作られた物です。抽出される植物の種類や部位によって、香りや効能が違うという特徴があります。ここではアロママッサージやアロマセラピーについてご紹介します。

アロマトリートメントって何?普通のマッサージとの違いは?

アロマトリートメントと普通のマッサージの一番の違いは、アロマオイルを使用しているかどうかです。エステサロンなどではマッサージオイルを使って全身のマッサージを行う施術もあります。しかし、このマッサージオイルにはアロマオイルは含まれません。良い香りがするものもありますが、香料を使って香り付けをしていることが多いのが特徴です。

アロママッサージでは、アロマオイルをキャリアオイルという植物油で希釈したものを使用してマッサージを行います。アロマオイルの香りには元になる植物によって様々な効能があり、香りを嗅いだり、マッサージによって皮膚から吸収することで、その効果を発揮させます。

リラクゼーション効果がとても高く、心身ともに癒すことができるという特徴があります。

アロマトリートメントとアロマセラピーの違いは?

アロマトリートメントとは、アロマオイルを使用して全身を優しく撫でるようにして行います。アロママッサージと言われることもありますが、マッサージは厳密に言うと、医師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師の資格を持った人が治療を目的として行う場合に使われる言葉です。サロンなどで行われるアロマトリートメントは治療を目的として行うことはできないので、アロマトリートメントと呼ぶのが正しいとされています。

また、似たような言葉でアロマセラピーやアロマテラピーという物もあります。

どちらも香りの効能によってリラックスしたり、気持ちがリフレッシュしたり、心身のバランスを整えるというもので、アロマトリートメントと意味合いはほぼ同じです。

なぜ「セ」と「テ」という違いがあるのかというと、アロマセラピー(aromatherapy)は英語で、アロマテラピー(aromathérapie)はフランス語だからです。

アロマトリートメントの効果は?

アロマトリートメントでは、フェイシャル、ボディー、フットがあります。時間をかけて足先から顔まで全身を行うようなコースもあれば、フェイシャルだけ、フットだけというように一部位だけ行うこともできます。

アロマオイルは、嗅覚で香りを感じるだけでなく、トリートメントに使用することで皮膚からも吸収されて、香りの効能を発揮させます。フェイシャルの場合には血行を促進させて顔色を明るくしたり、シワや乾燥の予防や改善にも効果が期待できます。

リンパの流れに沿って優しくトリートメントしていくことで、リンパの流れや血流を促進させて、むくみを改善させたり、新陳代謝を高め身体に溜まっていた老廃物を排出にも効果的ですし、肩こりや全身の筋肉の緊張をほぐすこともできます。

そして、アロマオイルの中には消化器系に働きかける効能を持つ香りもあり、胃腸の調子を整えたり、便秘の解消も望めます。

また、アロマオイルの香りでリラックスすることで、ストレスや抑うつ症状など、精神的な不調にも働きかけることができます。

アロマオイルの香りの効能とは?

アロマオイルは花や草など植物から抽出されるため、元になる植物によって香りが違い、その効能も違ってきます。アロマオイルの種類は数百種類ありますが、その中にはクセの強い香りや、トリートメントには不向きな香りもあります。

サロンでアロマトリートメントを行う場合には、スタッフとカウンセリングをするときに悩みやどのような効果が欲しいのか伝えておくと香りを選んでくれるところが多いです。どの香りがいいかわからない時にはカウンセリング時に相談してみるといいですよ。

ここでは、アロマトリートメントによく使われる代表的なアロマオイルの香りとそれの持つ効能をご紹介します。

ストレス解消、リラックスしたい時

ラベンダー、ベルガモット、オレンジスイート、ヒノキ、ゼラニウム、サンダルウッド、イランイラン、ネロリなど。

不安感を解消したい、明るい気持ちになりたい時

オレンジスイート、グレープフルーツ、ペパーミント、、ジャスミン、クラリセージ、フランキンセンスなど。

不眠、ぐっすり眠りたい時

ラベンダー、オレンジスイートなど。

鼻づまり、花粉症など。

ティートゥリー、ペパーミント、ローズオットー、ラベンダーなど。

胃腸の調子を整えたい時

マジョラム、ベルガモット、ラベンダーなど。

PMS、生理痛など女性特有の悩みの解消に

ゼラニウム、イランイラン、ローズオットー、クラリセージなど。

肌の悩み

フランキンセンス、パチュリ、ティートゥリー、ミルラなど。

アロマオイルの種類は違っても似たような効能を持つ香りはたくさんあります。香りを嗅いだ時に自分がいい香りと感じた香りが一番その時の体の状態と合っていると言われています。

施術の前には、試しに香りを確認させてもらうといいですね。