スポンサーリンク

汚れを落として美肌に導く!炭酸水洗顔って何?

スポンサーリンク

こんばんはあやです。
毎日きちんと洗顔しているつもりでも、毛穴の奥の汚れや古い角質など落としきれない汚れが蓄積されていきます。それによって、肌がゴワゴワしたり、くすみやシミ、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。しかし、汚れを落とすためにゴシゴシと力を入れて擦ったり、洗浄力の強いクレンジングやピーリングを繰り返し使うのは肌の負担になるため、肌トラブルをさらに悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。「じゃあどうすればいいの?」という人におすすめなのが炭酸水洗顔です。炭酸水洗顔はその名の通り炭酸水で洗顔するという方法ですが、水で洗うのと比べるとスッキリと汚れを落とすことができます。また、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを活性化させる効果もあるので、ツヤツヤで透明感のある肌にする効果が期待できるんですよ。ここでは炭酸水で美肌になれる理由や炭酸水洗顔の方法についてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

炭酸水洗顔で美肌になるのはなぜ?

炭酸水洗顔は、女優さんやモデルさんが行なっていると発信したことで注目を集めました。でもそれよりもずっと昔から炭酸水には肌トラブルや傷を治す効果があることは知られていて、温泉施設などでは炭酸泉浴などもありました。またその効果から医療現場では、床ずれの治療に使われていたそうです。

なぜ炭酸水に肌トラブルや傷を治す効果があるのかというと、それは炭酸水に二酸化炭素が含まれているからです。

人の体は呼吸によって酸素を取り入れて、全身へ巡らせた後、二酸化炭素を排出します。体にとって二酸化炭素は老廃物の一種です。二酸化炭素を処理するのも酸素の役割です。体の中に二酸化炭素が増えると、それを処理するために血流を良くして酸素の供給を増やそうとします。そのため、二酸化炭素が増えると結果的に血流が良くなり代謝が上がるのです。

皮膚呼吸という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、皮膚も呼吸しています。炭酸水を肌につけることで皮膚表面には二酸化炭素が増えます。するとそれを処理するために酸素がたくさん運ばれるようになり、その結果皮膚の新陳代謝であるターンオーバーを活性化させることができます。皮膚の新陳代謝が活発になると、肌の奥から新しい細胞が生まれてくるので、古い細胞は剥がれ落ちていきます。そのため炭酸水で洗顔をすると肌がきれいになる効果があるとされているのです。

炭酸水洗顔の効果

炭酸水洗顔で得られる効果は4つです。

1つ目がターンオーバーを正常化させる効果です。
肌は常に新しい細胞に生まれ変わっています。部位によってその周期は異なりますが、顔の場合約28日です。この周期でうまく働いている場合には、肌にはうるおいや弾力があり、シワ、シミ、たるなどの症状も出にくいです。でも、この周期は新陳代謝が落ちたり、加齢、ストレスなど様々な原因で乱れ、周期が40日以上など長期化してしまうことがあります。そうなると古い角質がいつまでも肌に残ることになるので、ハリがなくなり、シミ、シワ、たるみなども発生しやすくなります。

ターンオーバーを正常化させるためには、肌の新陳代謝を上げることが大切です。炭酸水で洗顔することで、含まれる二酸化炭素が内部に浸透していき、体内に二酸化炭素が増えます。二酸化炭素は体にとっては老廃物なので、それを処理するために酸素を送ろうと血流が増えます。

血流が良くなり酸素がたくさん届けられることで肌細胞は活性化されて新陳代謝が上がり、肌の生まれ変わりであるターンオーバーも正常化させることに繋がります。

2つ目は汚れを取り除く効果です。
炭酸水に含まれる炭酸ガスには、皮脂汚れや、肌に付着しているホコリなどの汚れに反応して気泡ができ、汚れを包み込んで肌から浮き上らさせる作用があります。そのため毛穴の奥に詰まった皮脂汚れなどもスッキリと洗い流すことができます。

3つ目はpHの正常化です。
洗顔料はアルカリ性の場合が多いので、洗顔後肌はアルカリ性になっています。炭酸水で洗顔することで、アルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻すことができます。

4つ目は引き締め効果です。
炭酸水には肌のタンパク質を引き締める効果があります。そのため、開いた毛穴もキュッと引き締めてキメを整えることができます。

自宅でできる炭酸水洗顔の方法

炭酸水洗顔に使用する炭酸水は、フレーバーや糖分の入っていない炭酸水を使います。炭酸水洗顔の方法は2つです。

① 洗顔後に炭酸水で洗い流す
まず洗面器に炭酸水を溜めておきます。手ですくって顔全体を濡らすように洗います。それからいつもの洗顔料を手にとってあわ立ててから洗顔をして、最後に炭酸水で洗い流します。

② 泡だてに炭酸水を使う
洗顔料を手に取り、そこに炭酸水を混ぜ合わせ、しっかり泡だててから洗顔します。最後のすすぎは水道水で行います。泡だてが足りないと洗浄力が弱まってしまうのでしっかりと泡だてて、優しく撫でるように洗いましょう。

「すすぎも泡だてもどちらも炭酸水でするとより効果的なのでは?」と思うかもしれませんが、炭酸水を使いすぎると肌への負担になってしまいます。そのため、すすぎに使うか泡だてに使うかどちらかにしましょう。

また、毎日炭酸水洗顔を行うのも肌への刺激が強く負担になってしまうので、炭酸水洗顔は3日に1回程度にするのがおすすめです。

炭酸水洗顔は、肌のターンオーバーを正常化させて、汚れを洗い流し、美肌に導いてくれます。最近肌の調子が悪いな。と感じることがある方は是非試してみてくださいね。