スポンサーリンク

自己処理の脱毛はデメリットがいっぱい!カミソリや毛抜きも危険?

スポンサーリンク

こんにちはあやです。
あなたはムダ毛のお手入れをどんな方法で行っていますか?
自己処理している方なら、カミソリ、毛抜き、脱毛クリーム、ワックスなどが多いのではないでしょうか。

ムダ毛の自己処理をしている多くの人は「楽だから」「他に方法を知らないから」「慣れているから」などの理由で、同じ脱毛方法を繰り返している傾向があります。

しかし、自己流で行う脱毛にはデメリットもたくさん存在しているんです!

今回は、自己処理の脱毛に潜む「デメリット」や「危険性」を脱毛方法別にご紹介していきます。
手遅れになる前に、あなたのムダ毛処理の方法を見直すきっかけとなれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自己処理のデメリットは?

自己処理で脱毛した際の「デメリット」やお肌への影響を、脱毛方法別にご紹介していきます。
いま、まさに自己処理でムダ毛のお手入れを続行している方は目を通してみてくださいね。

カミソリ

自己処理で一番メジャーなのが、カミソリでのお手入れでしょう。
3枚刃や4枚刃など、お肌に負担の少ないタイプのカミソリも多く販売されていますよね。

しかし、カミソリはお肌に直接「刃」が当たるため、肌の表面を傷つける「カミソリ負け」が起きてしまいます。

肌が乾燥しやすくなったり、色素沈着を起こしてしまう場合もあるため、継続して使用するのは注意が必要です。

カミソリで処理をした後は、必ず保湿を入念に行うようにしてくださいね。

毛抜き

手の指など、ちょっとした場所のムダ毛をお手入れする際に「毛抜き」を使っている人も少なくありませんよね。

実は、毛抜きで脱毛をしていると「埋没毛」という大きな肌トラブルが起きることがあります。

毛を抜いた際に、毛穴の奥にある血管や毛根組織も一緒に傷つけてしまい、毛穴自体が塞がると「次に生えてくる毛」が毛穴の中に埋もれて炎症を起こしてしまうんです。

埋没毛が発生すると、痛みやかゆみが出たり、毛穴が赤くポツポツ目立ったりするので、見た目も良くありません。

しかも、この埋没毛は放置していてもなかなか治らないのが厄介!
炎症が進んでしまうと、皮膚科で治療を受けることになる場合もあるため、できるだけ毛抜きは使用しないようにしましょう。

脱毛クリーム

脱毛クリームは「除毛クリーム」とも呼ばれています。
メカニズムとしては、「特殊な薬剤で毛を溶かして脱毛する」というものです。

ムダ毛は主にたんぱく質の一種でできていますが、実はお肌表面も「たんぱく質」なんですよね。
毛を溶かす薬剤は、お肌の弱い人が使用するとアレルギーを起こしてしまうことも大いにあります。

また、「これまで大丈夫だったから」という理由で頻繁に使い続けていると、突然アレルギーが出る場合もあるため注意しましょう。

初めて脱毛クリームを使う際はもちろんのこと、久しぶりに使用するときにも「パッチテスト」を行う習慣をつけた方が良さそうです。

脱毛ワックス

ブラジリアンワックスが流行したこともあり、脱毛ワックスを愛用している女性も多いでしょう。

しかしワックスでの脱毛は、ムダ毛を根こそぎ引っこ抜くため、「毛抜き」での処理と同様に埋没毛の恐れも出てきます。

さらにお肌の角質層へのダメージも相当大きなものとなり、頻繁に行う処理方法としてはあまりオススメできません。

広範囲を一気にツルツル肌へ導くことができるメリットもあり、とても便利なワックスですが、自己処理で使うのはリスクが大きいかな…と感じます。

どうしてもワックス脱毛をしたいときには、サロンでの施術を受けるとアフターケアも万全なので安心です。

自己処理をするなら電気シェーバーがオススメ!

カミソリや毛抜きなど、ムダ毛の自己処理が危険だということは理解して頂けたかと思います。

それでも「やっぱり自分で処理するのを続けるつもり…」「サロンで脱毛するまでの間は自宅でお手入れしたい」という方もいますよね

そんな方にオススメしたいのが、電気シェーバーです。
電気シェーバーは、刃が直接お肌に当たらない構造となっているため、角質層にダメージを与えません。

カミソリほど「深剃り」はできませんが、脱毛時のお肌のことを考えると電気シェーバーを購入するのが良いでしょう。

脱毛はプロに任せるのが安心!

仕上がりも美しく、肌へのダメージも少ない脱毛をしたいなら、やっぱり脱毛サロンやクリニックなどで「プロ」にお願いするのが一番。

特にワキや膝下などのムダ毛は、自己処理でも頻繁にお手入れする箇所ですよね。

繰り返し自己流の脱毛をすることで、お肌にも負担が蓄積してしまい「色素沈着」や「毛穴トラブル」を起こしてしまうと、元に戻すために皮膚科へ通うハメになってしまいます。

無料カウンセリングを行っているサロンも数多くありますので、一度相談してみるのも良いでしょう。

期間や費用などはバラつきがあるため、自分に合ったサロンやクリニックを見つけるのが第一歩かもしれません。
また、期間限定のお得なキャンペーンを利用するのもオススメです。

まとめ

今回の記事では、自己処理の脱毛方法についてデメリットを中心にお伝えしてきました。

やはり自己流で脱毛を続けていると、肌には大きな負担となってしまいます。

カミソリや毛抜き、脱毛クリームやワックスは、自宅で手軽にムダ毛処理ができて便利ですが、この機会に一度ご自分の脱毛法を見直してみてはいかがでしょうか。