スポンサーリンク
スポンサーリンク

むくみが取れたら目力アップ!まぶたがむくんでしまう原因と解消法

スポンサーリンク

こんばんはあやです。
朝起きたらまぶたがむくんでしまっていることってありますよね。まぶたがむくんでいると目が小さく見えてしまいますし、表情は暗い印象になってしまいます。メイク映えもしないので、すぐにでもなんとかしたいと思うでしょう。

そのようなぱっと見てわかるほどのむくみなら対処すると思いますが、生活習慣などで、徐々に溜まっていくむくみは要注意です。気付きづらく、老廃物が蓄積されていき、そこに脂肪まで付いてしまうといつの間にか目が小さくなってしまったなんていうことも。

まぶたのむくみ対策はできれば毎日行うのがおすすめです。血行をよくすることでむくみを解消するのと同時に眼精疲労を軽減する効果も期待できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まぶたがむくむ原因

まぶたがむくむ原因で1番に思いつくのが飲酒です。お酒をたくさん飲んだ次の日はまぶただけでなくびっくりするくらいお顔がパンパンになっていることがありますよね。

アルコールには利尿作用があり、体の水分を排出してくれるので、なんでむくむのか不思議に思うかもしれません。アルコールには利尿作用がありますが、それと同時にアルコールを分解するためには水が必要なため、体が水分を欲します。そして、余分に水分を溜め込もうとする働きがあるそうです。

さらにお酒を飲む時には塩分の濃い食事をすることが多く、これもむくみの原因になります。

ただお酒の影響でむくむのはとてもわかりやすいので気付きやすいむくみ方です。

要注意の気付きにくいまぶたのむくみの原因になるが①スマホやパソコンを長時間使う②読書など近いものを長時間見る③食生活の偏りです。

今は1日の多くの時間、スマホやパソコンを使用しているという人が多いです。眠るギリギリまでスマホを触っているという人もいますよね。

読書もそうですが、長時間、近いものを注視することで、目の周りの筋肉が緊張して凝り固まってしまいます。それによって血流が悪くなり、まぶたがむくむ原因になってしまいます。

食生活の偏りというのは、普段外食やレトルト食品などを食べる機会が多い人ほど注意が必要です。
外食やレトルト食品には塩分が多く含まれているので塩分過多になりやすく、体内の塩分調節をするために水分を多く取り込もうとすることで、体全体がむくみやすくなってしまいます。

まぶたがむくんでいることのデメリット

お顔は体の中で1番人に見られる場所ですが、特に目はその人を印象付ける大切なポイントです。
まぶたがむくんでいると目が小さくなり、目つきが鋭くなる傾向があります。

アイメイクも映えず、目力のないお顔になってしまいます。

また、まぶたがむくんでいるということは目の周りの血流やリンパの流れが滞り、老廃物が溜まっているということです。

眼精疲労を感じやすく、ピント調節機能が衰えることで、肩こり、頭痛などの症状に繋がってしまうこともあります。

まぶたをむくませないための夜の習慣

まぶたはむくみを解消するというより、そもそもむくみにくくするような習慣を心がけることが大切です。
普段の生活習慣を見直すだけで、翌日のまぶたのむくみ方が違ってきます。

① 飲酒を控える
アルコールは体がむくみやすくなります。次の日むくみを出したくない場合は飲酒を控えるようにしましょう。
② 塩分や糖分を取りすぎない
塩分や糖分を分解するためには水分が多く必要なためむくみやすくなります。
③ 寝る前に水分を取りすぎない
寝る前に水分を多く取ると余分な水分でむくみやすくなります。
④ 湯船に使って体を温める
湯船に使って体を温めることで、発汗作用により体の水分量を調節してむくみにくくなります。
⑤ うつ伏せ寝をしない
うつ伏せに寝てお顔を圧迫してしまうと、血流やリンパの流れが悪くなるのでむくみやすくなります。
⑥ 枕の高さを調節する
枕が低すぎると体が水平なりむくみやすくなります。少し頭の位置を高くすることでむくみにくくすることができます。

まぶたのむくみ解消法

注意していてもうっかりまぶたがむくんでしまった場合には、すぐに対処することで、むくみが常態化するのを防ぐことができます。

むくんでしまった時には、目元の血流やリンパの流れを良くするために、温めたり、マッサージをするのが効果的です。

まず洗顔をした後、普段のスキンケアをしてお肌を整えます。それからホットタオルでアイマスクをして目元を温めます。血行が良くなることで、むくみを解消することができます。

目元の皮膚は薄くとてもデリケートな場所なので、ホットタオルは熱くしすぎないように注意してください。45度くらいのお湯につけて固く絞ってから目元に2〜3分当てます。

そのあと、クリームをたっぷりつけて目元のマッサージをします。

眉毛の下のラインに人差し指と中指を揃えて、プッシュします。優しく心地よいくらいの力加減で、眉頭から始めて少しずつずらしながら最後はこめかみをプッシュします。

左右両方行います。

次は目頭のくぼみから目の下をプッシュしていきます。骨に沿って優しく目尻の方へ向かい最後にこめかみをプッシュします。

眉毛の上から前髪の生え際に向かってマッサージします。

最後はこめかみから耳の前を通って首筋をさするようにマッサージします。

メイク前にこのマッサージをするだけで違いますよ。顔色も良くなりますし、血行が良くなることで、眼精疲労が取れて、目の調子も良くなる効果が期待できます。

まとめ

まぶたのむくみは日々解消しないと、常態化してしまい、目が小さくなってしまいます。むくませない生活習慣を心がけることが大切です。目元のマッサージは慣れれば1分ほどでできてしまいます。メイク前の習慣にしてスッキリした目元になりましょう。