スポンサーリンク

アーモンドミルクでダイエットする方法。飲み方や注意点は?

スポンサーリンク

こんばんはあやです。
アーモンドミルクは第3のミルクと呼ばれるほど栄養価の高い飲み物です。低カロリーで糖質が低く、ビタミンEや食物繊維、オレイン酸など美容やダイエットに効果的な栄養素が多く含まれているので、多くの女性から注目を集めています。アーモンドミルクはスーパーでも購入できるようになりましたし、ダイエット効果が高いと言われていたのが気になって、私も試したことがある1人ですが、「アーモンドミルクを飲むだけで痩せる。」なんていうことはありませんでした。ダイエット効果を発揮させるには、ただ飲めばいいというわけではなく、いくつか注意が必要な点があります。ここではアーモンドミルクの飲み方や注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーモンドミルクは砂糖、添加物不使用のものを選ぶ

市販のアーモンドミルクは、飲みやすくするためにほとんどの商品で砂糖やシロップが入れられています。アーモンドミルクがダイエットに効果的とされているのはカロリーや糖質が低いためですが、砂糖やシロップが加えられていれば、カロリーや糖質は当然高くなってしまいます。そうなるとアーモンドミルクを飲むことでカロリーオーバーになってしまい逆に太ってしまうということもあるのです。

実際私もこのタイプでした。初めてアーモンドミルクを飲んだ時には、バニラ味とかコーヒ味という甘さがしっかりあるものを飲んでいました。おいしいし、甘みがあって飲みやすいですからね。でもこれを毎日200ml〜400ml飲めば太るのも当然です。

また、市販品は商品によってアーモンドの入っている量が違います。アーモンドの量が少ないのにアーモンドの風味がするということは香料など添加物を使用しているということですし、アーモンドの量が少ないので、当然アーモンドミルク自体の栄養素も少なくなっています。そうなれば、ダイエット効果や美容効果も低くなってしまいます。

商品を選ぶときには、成分表を確認して、それぞれの含有量を確認することが大切です。

市販のアーモンドミルクを選ぶときのポイントは、砂糖不使用の無糖タイプを選ぶのは絶対です。そして、できればオーガニックや無添加のものだとより安心して飲むことができますね。

ブルーダイアモンド ブリーズ

世界最大のアーモンド加工メーカー「BLUE DIAMOND」が作るアーモンドミルクです。砂糖不使用の商品から砂糖やフレーバーを使用している商品まで、複数のアーモンドミルクがあります。ダイエット目的なら砂糖不使用を選びましょう。カロリーは200mlで30kcal、コレステロール0mgです。


エコミル 勇気アーモンドミルク 無糖

オーガニック栽培のアーモンドを使用し、材料は、アーモンドの香料・タピオカスターチ・アーモンドの3種のみ。乳化剤・安定剤・保存料は一切不使用のアーモンドミルクです。


アーモンドミルクは手作りもできる

最近はスーパーでも見かけることも多くなりましたが、それでも無糖や添加物不使用の商品を探すのは難しいこともあります。アーモンドミルクは手作りすることもできます。意外と簡単で、アーモンドの濃さも調節できるのでぜひ挑戦してみてください。

材料
生アーモンド 100〜130g
水 400〜450ml
塩 ひとつまみ
浸水用の水 適量

生アーモンドを浸水用の水に12時間浸します。水の量はアーモンド全てが十分に使っている状態になるくらいです。
浸水が終わったら水を捨てて、軽く洗います。水気を切ってミキサーに入れます。水、塩も入れて撹拌します。
ボウルにガーゼを敷いてそこに流し込みます。なかなか濾せないのでヘラで混ぜるようにすると早いです。

保存用のボトルに移し替えて完成です。防腐剤が入っていないので冷蔵庫保管で4日以内に飲み干すようにしましょう。

アーモンドミルクダイエットをする時の飲み方は?

アーモンドミルクダイエットをする場合には飲み方も需要です。効果的なのは朝食時や運動の前です。
朝食時に飲むことで、ビタミンやミネラルを摂取することができます。

そしてアーモンドミルクには、ダイエットの大敵である便秘の解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれていますが、その食物繊維は不溶性の食物繊維です。そのため、水溶性の食物繊維である、りんごやバナナ、ヨーグルトと合わせることで、より便秘解消に効果を発揮させます。

またアーモンドに含まれるオレイン酸は脂質の代謝も高めます。そのため、運動前に飲むことでより効率的に脂肪を燃焼させることができます。朝食時に飲めば、その後通勤などで必然的に体を動かすことになるので一石二鳥ですね。

食事前に飲むのもおすすめです。アーモンドミルクはほんのりと甘みがあり、満腹感を感じることができます。食前に飲むことで、食事量を減らすこともできます。

普段牛乳や豆乳を飲んでいるという人はそれの代替としてアーモンドを飲むのもおすすめです。無糖タイプのアーモンドミルクならカロリーは牛乳や豆乳の半分くらいになりますし、コレステロールもゼロです。それだけで、普段よりカロリー摂取の量を抑えることができますね。

アーモンドミルクダイエットは劇的に体重を落とすという効果はありませんが、運動を組み合わせたり、食事量を減らすことで、健康的にダイエットをすることが可能になります。