スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘマチンシャンプーで髪がキレイになる?ヘマチンの効果とデメリット

スポンサーリンク

こんばんはあやです。
美容院で販売されているサロンシャンプーをはじめ、ネットなどでも「ヘマチン入りのシャンプー」を見かけることがあるでしょう。

「ヘマチンは髪にいい」というイメージはありますが、実際にどのような効果があるのかご存知ですか?

ヘマチンには、髪を美しくするための作用や効果がいっぱい!
そこで今回は「ヘマチン配合シャンプー」の効果とデメリットについて、徹底的にまとめてみました。

気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Contents

ヘマチンとは?

そもそもヘマチンは、動物の血液中の「ヘモグロビン」のなかに含まれている成分です。
血液の中には真っ赤な色をした赤血球があり、さらにその中には「ヘモグロビン」が存在します。

ちょっとだけ難しい話になってしまうのですが「ヘマチン」は、このヘモグロビンを「ヘマチン」と「グロビン」に分離して抽出される成分です。

専門的には、有機鉄錯化合物といいます。
ざっくり説明してしまうと「ヘマチンの原料は血液」ということ。

このヘマチンは、たんぱく質と結合する力が非常に強いため、髪の毛を構成するたんぱく質「ケラチン」ともとっても仲が良いのです。

この結合により、ダメージを受けた髪を補修したり保護する効果や作用があるといわれています。

ヘマチンシャンプーが優秀!6つの効果

では、実際にヘマチンが配合されたシャンプーには、具体的にどのような効果があるのか?
ここでは「ヘマチンシャンプー」の優秀な6つの効果について解説しましょう。

【効果1】ダメージ髪の補修効果

まずは、ヘマチンには傷んだ髪の補修効果があるということ。
上でお話した通り、髪のたんぱく質と結合する力が強いため、スカスカになった髪内部の成分を補うことができるのです。

カラーやパーマ、縮毛矯正などの施術でダメージを受けた方をはじめ、普段の摩擦刺激や紫外線ダメージ、熱ダメージで傷んだ髪を修復する効果が期待できます。

【効果2】残留薬剤除去効果

ヘマチンの効果のなかでも注目されているのは「残留薬剤除去作用」です。

パーマや縮毛矯正、カラーなどでは特殊な薬液を使用します。
これらの薬液は髪内部まで浸透するため、施術後にも「過酸化水素」や「アルカリ」が髪に残ってしまい、ダメージの原因となるのです。

ここで活躍するのがヘマチン!
これらの残留薬剤を除去して、髪の健康をキープする効果があります。

【効果3】カラーの色落ちを防ぐ

上で解説した「アルカリ除去効果」により、カラー直後からの色落ち(褪色)を予防することができます。

染めたての美しい髪色を少しでも長くキープしたい方には、ヘマチンはとってもオススメの成分だといえるでしょう。

【効果4】パーマが長持ちする

また、カラーだけでなくパーマの持ちが良くなる効果も!

ダメージの原因となる残留薬剤を取り除き、同時に髪の補修をしてくれるため、キレイなカールが崩れることなく、長期間楽しむことができますよ。

【効果5】白髪予防になる

ヘマチンには白髪を染める効果はありませんが、白髪予防には効果的です。

その理由は、ヘマチンに「メラニン色素」を作りだす酵素チロシナーゼを活性させる力があるから!

これから生えてくる髪の白髪予防になるため、30代以降の女性にはオススメの成分です。

【効果6】抗酸化作用により老化予防

ヘマチンには抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは「活性酸素」を除去する作用のこと。

活性酸素が増えすぎると、私たち人間の身体を老化させることで知られています。
要は、身体や髪の毛がどんどん酸化してしまうということ!

しかし、ヘマチンの抗酸化作用により「髪の老化」「頭皮の老化」を効果的に防ぐことが可能なんです。

エイジング髪が気になる方や、加齢により髪質の変化が目立ってきてしまった方にこそ、使って欲しい成分といえるでしょう。

ヘマチンシャンプーのデメリットは?

ここまでヘマチンのメリットや魅力についてお話してきましたが、実は「デメリット」もあります。

独特なニオイがある

ヘマチンは血液から作られる成分のため、独特なニオイがあります。
もちろん、最近ではニオイをしっかりマスキングしている製品がほとんどですが、香りに敏感な方は「どうしても気になる」なんてことも少なくありません。

シャンプーの色

ヘマチンシャンプーは、黒や褐色の製品がほとんど。
これは、血液由来であることが原因です。

色がしっかりと濃い製品の方が、ヘマチン高配合ということになるのですが…
「色が血液を連想させてイヤだ」と感じる方も少なからず存在するようですね。

ちなみに、私はまったく気になりません。

シャンプーの値段が高い

ヘマチンは高価な成分です。
そのため、ヘマチン入りのシャンプーは値段が高い製品がほとんど。

最低でも3,000円は覚悟しなければなりません。
逆に、安すぎるヘマチンシャンプーは「配合濃度」が薄い場合がほとんどなので、避けるべきです。

まとめ

今回の記事では、髪がキレイになると話題の「ヘマチンシャンプー」について、その特徴や効果、デメリットをご紹介しました。

ヘマチンは貴重で高価な成分のため、配合されているシャンプーはどうしても値段が高くなってしまいます。
しかし、カラーやパーマの残留薬剤除去や抗酸化作用、髪の補修など優秀な効果がいっぱい!

毎日使わなくても、せめて美容院でカラーやパーマをした直後1週間程度は「ヘマチンシャンプー」を使うのがオススメです!

ぜひ、普段のシャンプーと使い分けてツヤツヤの美髪を手に入れてくださいね。