冷え症は美容や健康の大敵!末端の冷え解消法をご紹介!

こんにちはあやです。
末端冷え症の方は、冬になると「手足が冷たくて眠れない」「部屋の中にいても冷える」「お風呂あがりでもすぐに冷たくなってしまう」など、たくさんの悩みを抱えています。夏でも冷房が効いた部屋や職場にいると、
「手足が冷えてツライ」と感じる方も多いですよね。

実は、男性の3割、女性の7割が「冷え症」だというデータもあるほど、末端の冷えに悩む女性は増えているのです。冷えは健康にはもちろんのこと、美容にも良くありません。

今回は、そんな「末端冷え症」の原因と解消法について
詳しくみていきましょう!

末端冷え症の原因って何?

主に女性が「末端冷え症」になる原因とは一体何でしょうか。

まずは、男性に比べて筋肉量が少ないことが挙げられます。筋肉は熱を作り出す働きがあるため身体の「代謝」に大きく関わっています。また、女性ならではの「月経」があることで、お腹の血液が滞りやすいことも
原因となっているんですよ。

他には、「睡眠不足」や「不規則な生活」、ホルモンバランスの乱れや日々のストレスも影響するため、ある意味「現代病」と言っても良いかもしれませんね。

身体が冷えると起きるトラブルとは?

冷えのせいで起きるトラブルは様々です。血液の巡りが悪くなると、内臓の働きが落ちてしまいます。すると、身体の中に老廃物や余分な水分が溜まりやすくなるんです。

その結果、「むくみ」や「肩こり」、そして「肌のくすみ」まで引き起こすので、冷えを甘くみてはいけません。

血行の悪さが原因で「お肌の細胞」に栄養素が行き渡らなくなり、顔のたるみやクマなどの問題が起きてくるケースもあります。美容面でもデメリットがこんなにたくさん挙げられるなんて…女性にとっては悩ましいですよね。

末端の冷えを解消する方法!

美容や健康に大敵となる「末端の冷え」を解消するためには、いくつかの方法があります。

あなたに不足していると感じるものを、是非取り入れてみてくださいね。

適度な運動をしよう!

日頃から運動不足を感じている方は多いでしょう。運動不足の状態が続くと、身体の筋肉量が減ってしまいます。筋肉は「身体の熱を作り出す」という大切な役目を担っているため、冷え症を改善するためには運動をして筋肉量を増やす必要があるんです。

特に、背中やお腹、太ももなど「大きな筋肉」を鍛えることが冷え症改善には効果的です。

ちなみに「ふくらはぎ」は、血液を心臓に戻すポンプ的な働きをしているので、できるだけ歩くことを心がけましょう。

エレベーターやエスカレーターを利用してしまう習慣のある方は、階段を使うようにするだけでも良いでしょう。自宅でできる運動としては、お尻や太もも、さらには「ふくらはぎ」の筋肉も鍛えられるスクワットがおすすめです!

栄養バランスの良い食生活をしよう!

身体の熱を作り出す「モト」になるのが、食事です。口から入った食べ物は、約8割が熱に変わります。小食の女性やダイエット中の女性の場合には、どうしても栄養バランスが偏りがちになってしまいますが、それが冷え症を悪化させる原因となっていることもあるんです。

意識的に食べて欲しいのは「たんぱく質」を多く含む食品!

たんぱく質は「熱」として消費される率が高いので、冷え症の方には積極的に摂って欲しい栄養素のひとつです。ダイエットや美容面が気になる…という方は「ささみ」を選ぶと良いですよ。

もちろん、身体を温める効果のある「ショウガ」や「ネギ」などもおすすめです。

冷たい飲み物はできるだけ避け、常温のミネラルウォーターやホットドリンクを飲む習慣をつけましょうね。

生活に足湯を取り入れてみよう!

足湯は、末端冷え症に悩む女性におすすめです。血液の巡りを良くするためには、冷水とお湯に交互に足を浸けましょう。大きめの洗面器やバケツを2つ用意し、片方には冷水を、もう片方にはお湯を張り、それぞれ2~5分程度入れます。これを5セット行いましょう。

「お湯はわかるけど冷水に足を入れたら冷たくならないの?」と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、実は足湯では「お湯」だけではなく、冷水にも足を入れることによって冷え症改善効果が高まるんです。

お湯に入れているときは血流を促し、冷水に入れているときは「身体をあたためる機能」を活性化させてくれるのです!

この足湯は、最後に「冷水」で終えることがポイントです。
寒い冬には、「あたたかいお湯で足を温めて終わりたい」と思うかもしれませんが、冷たい水で終えた方が、よりポカポカ感が長続きします。

手軽に試すことができるので、末端冷え症に悩んでいる方は今すぐやってみてくださいね。

まとめ

今回は、美容や健康の大敵となる末端冷え症の解消法についてご紹介してきました。食事の見直しや、運動を取り入れることなどで冷え症は少しずつ改善していきます。

「私は小さい頃から冷え症だから…」と諦めないでくださいね。

今日からできることを「ちょっとずつ」でも良いので、是非始めてみましょう!