白くて透明感のある肌になりたい!美白の方法は原因別に選ぶのが効果的

こんにちはあやです。
透明感のある白い肌は、女性にとって憧れですよね。
美白効果のある化粧品やサプリメントも多く販売されていますが、原因によって美白方法は異なるため、まずは「自分の肌がどんな原因で白くならないのか」を知ることが大切です。

今回は、「白くて透明感のある肌になりたい」と思っている女性に向けて、原因別の美白方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

肌が白くならない原因とは?

顔色がくすんでいたり、シミやそばかすが消えなかったり…
美白を目指しているのにも関わらずなかなか肌が白くならず、多くの肌トラブルを抱えたまま悩んでいる方も多いでしょう。
肌が白くならない原因は大きくわけて3つあります。
それでは、早速見ていきましょう!

ターンオーバーの乱れ

顔のターンオーバーは年齢によっても変化しますが、およそ28~56日といわれており、このサイクルで新しいお肌に生まれ変わります。
しかし不規則な生活やストレス、加齢によってお肌のターンオーバーが乱れてしまうことがあるのです。
肌の再生がスムーズにいかなくなると、黒ずみや乾燥、シミやそばかすなど、あらゆる「肌トラブル」を引き起こします。

血行不良が肌のくすみを加速

女性に多い「冷え症」などは、慢性的な血行不良の原因となります。
血液の循環が滞ると、老廃物を排出する働きが弱まり「肌のくすみ」を加速させてしまうのです。
肌がくすんでいるとお肌の透明感が失われるため、どんなに美白化粧品を肌表面に塗っていたとしても、なかなか美白効果を実感することができません。

また、血行不良は先ほど説明したような「ターンオーバーの乱れ」も同時に引き起こしてしまうため注意が必要です。

紫外線によるダメージ

紫外線が美白の敵だということは、多くの女性が知っているはずです。
しかし、日差しの強い真夏には紫外線対策を万全にしていても、春や秋、冬には対策を怠ってしまう方も少なくありません。

太陽がある限り、紫外線は常に降り注いでいる!

この事実を頭に叩き込んでおきましょう。季節や天気を問わず、日中に外出していれば必ず紫外線にさらされることとなります。
お肌は紫外線を浴びると、防衛本能が働き「肌の深部を守らなきゃ!」と、黒い色素のメラニンを作り出します。
日焼けやシミが発生するのも、このメラニンの仕業なのです。通勤や通学で毎日のように紫外線を受けている方は肌が白くなりにくい特徴があります。

美白の方法

肌が白くならない原因を理解してもらったところで、それぞれの原因に合った「美白の方法」をご紹介していきます。
美白の大敵となるメラニン生成やシミ・くすみなどの予防にも効果的なので、参考にしてみてくださいね。

保湿と洗顔を丁寧に行おう!

ストレスや加齢などで、お肌のターンオーバーが乱れている場合には、保湿と洗顔を丁寧に行うことがとても大切です。
ここで言う「丁寧に行う」というのは、決して「念入りに行う」という意味ではありません。

多くの女性は、お肌にトラブルが起きるとスキンケアや洗顔を「念入り」に行ってしまう傾向があります。
しかし、ターンオーバーが乱れている肌は非常にデリケートになっているため、必要以上に擦ったり触ったりすることはNG行為なのです。色素沈着やシミなどのトラブルを招きかねません。
とにかく優しく丁寧に保湿や洗顔をしましょう。
保湿には、セラミドやコラーゲンが含まれた「低刺激」の化粧水や乳液がおすすめです。

さらに、ターンオーバーを整えるためには、質の良い睡眠と栄養バランスのとれた食事も重要です。
ぜひ、この機会に身体にも優しい生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

身体の冷えを排除する!

血行不良が原因で顔のくすみを起こしている方は、とにかく身体を冷やさないことが大切です。
冬はもちろんのこと、夏でも冷たい飲み物や食べ物をできるだけ避けるようにしましょう。
夏にホットドリンクを飲むのは気が進まないかもしれません。
そんなときには「常温」のミネラルウォーターを摂取するようにしてくださいね。

また、お風呂をシャワーだけで済ませている方も少なくないでしょう。しかし、美白を目指すのであれば「湯船」に浸かって身体の芯から温めることが大切です。
これは案外見落とされがちなのですが、マッサージで血流を促すより効果が期待できますよ。

日焼け止めや美白化粧品を取り入れる!

紫外線によるダメージを受けている方の場合、スキンケアやメイク前のひと手間として、「日焼け止め」や「美白効果の高い化粧品」を使うことは、白いお肌へ導く方法として有効です。

外出時にはUVカット効果のある化粧下地を使ったり、下地に日焼け止めを混ぜたりするのもオススメです。
紫外線は、晴れている日だけではなく「曇りの日」でも強く降り注いでいることが多いです。
「今日は大丈夫かな?」と自己判断せずに、外出する際には欠かさず紫外線対策を徹底して行いましょうね。こまめな日々のケアこそが、美白への近道です。

また、美白化粧品を使う場合にはお肌を擦ったり刺激を与えることのないよう、優しく馴染ませるようにしてください。過度に肌を触ることは、ターンオーバーの乱れを招いてしまいますので注意しましょう。

まとめ

今回は、白くて透明感のある肌になりたい方のために、原因別の美白方法をご紹介してきました。
実は美白になるためには、何も特別なことを行う必要はなく、毎日のちょっとした習慣が非常に大切なんです。
肌が綺麗な女性は、人に見られていないところでもコツコツ努力しているもの。
ぜひ、あなたも透き通るような白いお肌を手に入れてくださいね。