美しく白い肌になりたいなら紫外線対策をしっかりしよう

こんにちはあやです。日焼けはもちろんシミ、シワ、たるみなど様々な影響を及ぼす紫外線。日焼けした後に美白化粧品を使用してケアするよりも、紫外線対策をしっかりと行って、日焼けしないようにすることが美白にとっては何より大切です。紫外線対策は夏だけという人も多いですが、実は紫外線というのは一年中降り注いでいます。そのため、冬でも紫外線対策は必要なのです。

紫外線は年中降り注いでいる

日差しの強い夏場には、日焼け止めを使用したり、帽子や日傘などを使って紫外線対策をしている人が多いでしょう。しかし、紫外線にはUV-AとUV-Bという種類があり、年間を通じて降り注いでいます。

UV-Aは、肌の真皮深くまで届きダメージを与えて、肌の弾力をなくし、しわやたるみなどの原因になるとされています。雲や窓ガラスも通り抜けるため、曇りの日や室内でも浴びてしまいます。

年間を通して降り注いでいて、4月〜8月がピークですが、そのほかの月でも1/2程度あります。肌が日焼けして黒くなる影響は少ないため、冬場は紫外線対策を怠りがちですが、確実に肌にダメージを与えています。

UV-Bは、肌の表面に赤みや炎症を起こし、肌を黒くさせます。シミやそばかすの原因にもなります。紫外線量は1日のうちでも降り注ぐ量は変わります。

3月から増え始め5月〜8月にピークとなり9月には減り始めます。10月〜3月は少ないですが、0ではありません。日差しの強くなる5月ごろから紫外線対策をする人が多いですが、実は徐々に増え始める3月4月の時期から行わないくてはいけません。この時期はまだ空気も乾燥していて、肌の乾燥も気になる時期です。乾燥している肌に紫外線を浴びるとかなりのダメージになります。お花見シーズンに外出していて一気に日焼けしてしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。

画像引用元:紫外線環境保険マニュアル

このグラフをみると北の地方よりも南の地方の方が紫外線量が多いことがわかります。そして、9〜15時までの時間帯はほぼ年間を通して紫外線対策が必要とされているのです。

正しい日焼け止めの選び方と塗り方

紫外線対策に日焼け止めは有効です。ただ、お肌のためには用途に応じて正しく選び、適切な塗り方をする必要があります。

まず、日焼け止めに書かれているSPFやPAの持つ意味を知っていますか。SPFは、短時間で肌に赤みや炎症を起こし、肌を黒くするさせるUV-Bを防ぐ指数を示しています。SPFの後ろには数字が書かれていて、何も塗っていない時と比べてどのくらいUV-Bから肌を防ぐことができるのかを表しています。数字が大きくなるほど防ぐ効果は高くなります。

PAは、肌の深くまでダメージを与えてハリをなくし、しわやたるみの原因となるUV-Aを防ぐ効果を表しています。PAの後ろの+は4段階あり、+が多いほどUV-Bから防ぐ効果が高くなります。

日焼け止めはSPFやPAの数値が大きい方が効果が高いですが、日常生活ではそこまで高い効果は必要ありません。SPFやPAが高いものを使っていると肌の乾燥が気になってくる人もいます。

目安としては、日常生活ではSPF15〜20程度、PA+。屋外での軽いレジャーや運動の場合にはSPF20〜30程度、PA++〜+++。炎天下でのマリンスポーツやレジャーの場合にはSPF40〜50、PA++++です。

また日焼け止めは正しい塗り方をしないと効果がありません。

顔に塗る場合、1円玉硬貨1つ分を顔全体に塗り、もう一度同じ量を重ね塗りします。腕や足に塗る場合には、容器から直接腕や足に線を引いて、ムラにならないように伸ばしましょう。

また日焼け止めは酸化したり、汗で流れてしまうと効果がなくなってしまいます。SPFやPAの高さに関わらず、2時間〜3時間おきに塗り直す必要があります。

日焼け止めを使用した後はきれいに洗い流すことが大切です。流し残しがあると肌のくすみや毛穴が詰まって肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。石鹸で洗い流せるものもあれば、専用のクレンジングが必要なものもあります。パッケージを確認してきちんと洗い流すようにしましょう。

忘れがちな場所もしっかりと

紫外線対策といえば、まずは「顔」です。顔はしっかりと日焼け止めを塗っている人が多いのですが、忘れがちなのが、デコルテや耳、手の甲、足の甲などです。うっかり塗り忘れて、デコルテにシャツのラインがクッキリとか、サンダルのラインがクッキリという経験をしたことがある人も多いでしょう。露出している場所はどこも紫外線を浴びて日焼けをしてしまいます。忘れずに塗るようにしましょう。

また、髪の毛や頭皮も紫外線の影響を受けます。頭皮も日焼けをしますし、髪の毛はダメージをうけてパサパサになってしまいます。頭部は特に日が当たりやすい場所なので、帽子や日傘を使ったり、UVカットできるヘアスプレーを使用するようにしましょう。

うっかり日焼けをしてしまったらその日のうちにケアすることがたいせつです。一番大切なことは保湿です。化粧水や美容液を使ってたっぷりと保湿をしてあげると、肌へのダメージが軽減できます。

日焼けにはビタミンCや、アスタキサンチン、コエンザイムQ10などが配合されているものが効果的です。