スポンサーリンク

コンシーラー選び間違ってない?ニキビ跡を隠すなら色選びが大切!

スポンサーリンク

こんにちはあやです。
ある日突然ポツっとできて私たちの気分まで落ち込ませてしまうのが、ニキビです。
ニキビが治ったあとには、赤みや黒っぽい「ニキビ跡」に長期間悩まされる方も少なくないでしょう。

そんなときに活躍するのが、お肌の色ムラや色素沈着をカバーするコンシーラーです。
「いざというときのために、化粧ポーチに1つは入っている」という女性も多いですよね。

しかし、コンシーラーは色選びを間違えると、せっかくのカバー力も半減してしまいます。
さらに「コンシーラーを塗った場所が浮いて見える」「なぜか不自然な仕上がりになってしまう」なんてことも珍しくありません。

今回は、ニキビ跡を上手に隠すために大切な「コンシーラーの正しい色選び」について、ご紹介していこうと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニキビ跡をキレイにカバーするのは暗めカラー!

一度できてしまうと、なかなか消えてくれないのが「ニキビ跡」ですよね。せっかくニキビが治ったのにも関わらず、いつまでもお肌に残っている色素沈着を目にすると本当に心が沈みます…。

「明るい色を使って光で飛ばして見せよう」「黒っぽい部分にはライトカラーでしょ!」と、明るめ色のコンシーラーを使う方が非常に多い印象です。
しかし、ニキビ跡をポイントでカバーするには「暗めカラー」がおすすめ!
お肌より明るい色を選んでしまうと、コンシーラーを塗った箇所が妙に浮いたり、ヨレた際に不自然に見えてしまうことも…。

赤みや紫がかった色素沈着、黒や茶色などのニキビ跡には「自分の肌色・普段のファンデーション色より暗い色」を選ぶようにするのが良いでしょう。

肌色別に解説!おすすめコンシーラーの色は?

ここでは、お肌の色別におすすめしたいコンシーラーカラーを解説していきます。
それでは早速みていきましょう!

色白さんにはグリーン&オークル系

ちょっとした赤みや色素沈着も目立ってしまう「色白さん」には、グリーンのコントロールカラーとオークル系のコンシーラーを「重ね塗り」するのがオススメ!
このとき、決して厚塗りにならないようできるだけ薄く馴染ませるのがポイントです。

色白さんの場合、ニキビ跡だけではなくコンシーラーの色自体も「カバーしてます!塗ってます!」という見た目になりがち。
気になる部分とまわりの肌との境界線をしっかりとボカすように、少しずつ乗せていくのが良いでしょう。

普通肌さんにはベージュ系

一般的な肌色の「普通肌さん」は、ニキビ跡を隠したいならベージュ系のコンシーラーを選ぶのが良いでしょう。
いつも使っているパウダーファンデーションやリキッドファンデーションの色が「オークル系」という方も多いかもしれません。

しかし、ポイントでニキビ跡をカバーするには、やや黄みがかったベージュ系が適しています。
実は、私自身も以前はニキビ跡を隠すために「明るめオークル系」のコンシーラーを愛用していたのですが、なんとなく浮いて見えるのが気になっていました…。

思い切って「ベージュ系」のクリームコンシーラーに変えたところ、他のお肌との馴染みも良く、ニキビ跡を自然にカバーできることに気付いたのです。
ぜひ、あなたも一度試してみてくださいね!

色黒さんには暗いベージュ系

お肌の色が暗めの「色黒さん」は、ニキビ跡はもちろんのこと、ニキビの赤みや色素沈着もあまり目立たないのが特徴です。
しかし、場所によっては「どうしても気になっちゃう!」なんてときもありますよね。

色黒さんにオススメのコンシーラーは、暗いベージュ系。
コンシーラーを乗せたあと、普段お使いのファンデーションとも馴染みやすいカラーを選びましょう。

ブレンドできるパレットを使うのもGOOD!

ニキビ跡をカバーするためのコンシーラーは、様々な種類が販売されていますよね。
スティックタイプは手軽に塗ることができるため、若い女性を中心に人気があるコンシーラーです。
パウダータイプのコンシーラーはナチュラルな仕上がりがお好みの方にオススメ。
そしてリキッドタイプ、クリームタイプの場合には「ブレンドして使える」という点が大きなメリットです。

コンシーラーの色は、ファンデーションよりも色数が少ないため「どうしても自分の肌にしっくりくる色が見つからない」という方も多いでしょう。
そんなときは、ブレンドして自分好みの色を作り出すのがベスト!

特に、パレットタイプのクリームコンシーラーは2~3色がひとつのパレットに入っているものも多くみられます。
自分の肌色や、ニキビ跡の色・濃さによってコンシーラーの色を混ぜながら「オリジナルのカラー」でお悩み部分を隠せば、より自然な仕上がりを実感することができますよ。

まとめ

今回は、ニキビ跡を隠すためのコンシーラー選びについてご紹介してきました。
肌色はもちろんのこと、ニキビ跡の色や赤みのレベルによって、コンシーラーの色を使い分けるのが「美肌」に見せるための大事なポイント。

今までの思い込みだけで、ずっと同じ色を使い続けていた方もこの機会に見直してみてはいかがでしょうか。
コンシーラーは、肌のお悩みを隠すための優秀なメイクアイテムのひとつです。
ぜひ、上手に使いこなして「メイク美人」になりましょう。