ピーリング石鹸でむき卵肌になれるって本当?注意したいデメリットも!

こんにちはあやです。
美容皮膚科やエステでも受けることができる「ピーリング」は、肌表面に残っている「古くなった角質層」を取り除くための施術。
そんなピーリングも、専用の石鹸を使えば自宅で手軽に行えるのをご存知ですか?

ピーリング石鹸なら、肌のキメの粗さやゴワゴワ感、ザラつきなどの肌悩みを一掃して「ツルツルむき卵肌」になることができます。

しかし、間違った使い方をしてしまうと、逆にお肌に大きな負担をかけてしまう場合も。
今回は「ピーリング石鹸」の詳しい解説と、メリットやデメリットについてご紹介していきたいと思います。
これから使おうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ピーリング石鹸でつるつる肌になれるメカニズム

一般的な石鹸には、ピーリング効果はありません。しかし、市販されている「ピーリング石鹸」の場合には、角質を溶かす作用がある「AHA(アルファヒドロキシ酸)」が配合されています。

このAHAは「フルーツ酸」と呼ばれ、リンゴ酸、クエン酸、グリコール酸、乳酸などが主な成分です。
皮膚表面に残ってしまった「古い角質」を酸のチカラで取り除き、肌代謝を高める効果が期待できます。

ピーリング石鹸によってターンオーバーが促されると、お肌に蓄積していたメラニン色素の除去にもつながるため、ひと皮剥けたようなツルンとした美肌を手に入れることが可能なんです。

ピーリング石鹸のメリットは?

ここでは、「ピーリング石鹸」を使うことによって、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

手軽に角質ケアができる

ピーリング石鹸には、古い角質や汚れを溶かして落とす成分が含まれています。
そのため、スクラブのような肌摩擦もなく、洗顔後にはツルンとした手触りの素肌を実感することができるのです。

特に難しい手順も必要なく、ただ通常の石鹸を使うように「洗顔するだけ」で角質ケアができるのは大きなメリットと言えるでしょう。
これなら、忙しい女性でも面倒くさがり屋さんの方でも、定期的に続けることができるから嬉しいですよね。

ターンオーバーを促してニキビ改善

実は、美容皮膚科のニキビ治療でも「ピーリング」が使われることがあります。
ピーリングは、肌表面に古い角質が溜まり、皮脂と混ざった状態で「毛穴」に詰まるようなニキビに効果的です。

ストレスやホルモンバランスの乱れによる「ターンオーバー異常」が原因で発生するニキビには、市販のピーリング石鹸も効果があると言えるでしょう。

ピーリング石鹸のデメリットは?

手軽に使えて肌がスッキリしそうな「ピーリング石鹸」ですが、使用する際には注意して欲しいデメリットも存在します。

お肌への刺激が強いので注意

ピーリング石鹸は、肌表面の角質層を「酸」で溶かす作用があるため、使用後にはお肌がむき出し状態になってしまいます。

もともと敏感肌やアトピー肌、インナードライ肌の方が使うとピリピリとした痛みや、肌荒れを起こすケースも少なくありません。
1回使用した際に異常を感じた場合には、継続して使うのはやめましょう。

正しく使わないと乾燥や炎症を起こすことも!

勘違いしている方も多いのですが、ピーリング石鹸は肌のターンオーバーを正常化するためのアイテムではありません。
あくまでも、「強制的に角質層を剥がすもの」だということを忘れてはいけません。

「できるだけ早く効果を感じたい」と焦るあまり、毎日朝晩で使ってしまう人がいるのですが、これはNG。
週に1~2回程度がオススメですが、自分のお肌と相談しながらペースを決めていきましょう。

色素沈着やニキビ跡には効果あるの?

ピーリング石鹸は、皮膚の最上部にある「角質層」にアプローチするものです。
そのため、肌のターンオーバーがスムーズに行われず、お肌表面に色残りしてしまったニキビ跡や色素沈着には、効果があると言えるでしょう。

ただし、皮膚の深層部まで達しているような重度のニキビ跡やクレーターには、正直なところ効果がありません。
ピーリング石鹸は、あくまでも「表層部」にできたトラブルを改善するためのアイテムだということを覚えておいてくださいね。

使い続けると毛穴が小さくなるって本当?

毛穴に詰まった角栓の正体は、そのほとんどが「古くなった角質」と言われています。
ピーリング石鹸では、配合されているフルーツ酸(AHA)が、角質のモトとなるタンパク質を溶かして除去するため、毛穴に詰まった汚れにも効果を発揮してくれるのです。

毛穴パックや押し出し法で角栓を取り除くより、毛穴にダメージを与えないので安心して使うことができますね。
ピーリング石鹸の場合には、徐々に角質を溶かしていく効果があるため、使い続けるごとに少しずつ毛穴が小さくなっていくのを実感できるでしょう。

まとめ

今回の記事では、ピーリング石鹸の効果やメリット・デメリットについて解説してきました。
ピーリング石鹸は、肌のゴワつきやザラつきの原因となる「余分な角質」を自宅で簡単にケアすることができるのが特徴です。これにより、小じわやニキビ跡、毛穴の開きを改善する効果も期待できるのは嬉しいポイントですね。

しかし、敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の方は肌荒れを悪化させてしまうことも少なくありませんので、注意しながら使用しましょう。

今では、ネットやドラッグストアでも様々な成分のピーリング石鹸が販売されていますので、是非ご自分に合ったタイプの商品を見つけて「むき卵肌」を目指してくださいね。