リップクリームを寝る前に塗るのは良くない?実際に試してみた!

こんにちはあやです。
寝る前に唇へリップクリームを塗るのは良くない、という情報を見て「本当はどうすればいいんだろう?」と悩んでいるあなた。
寝る前にしっかり保湿はしたいけど、もしもその習慣が唇の皮膚にダメージを与えることになってしまうなら怖いですよね。
そこで、日頃から就寝前には必ずリップクリームを塗る私が、実際に「リップクリームを塗らないで寝る」という実験をやってみました。
それでは、早速みていきましょう!

寝る前にリップクリームを塗るのは本当によくない?

ネット上から情報を集めていると、「夜のおやすみ前にはメイクや口紅と同じように、リップクリームの油分もしっかりクレンジングしてから寝るべき」といった言葉に遭遇しますよね。

そもそも、「寝る前にリップクリームを塗っていけない」と言われているのは、油分たっぷりのクリームを唇に塗ることで逆に乾燥してしまうから、だそうです。
確かにリップクリームには油分が多く配合され、UVカット成分のような「日中使用することを前提とした成分」も含まれています。
そう言われてみれば、日焼け止めを顔に塗ったまま寝るなんて考えられません…。

でも、就寝中には口呼吸になってしまう方も多いため、顔よりも薄い「唇の皮膚」が乾燥してヒビ割れや皮むけを起こすことも。
夜のスキンケア時に化粧水や乳液を使用して唇を保湿しても、寝る前に歯磨きをした際「しっとり感が消えちゃった」と感じる方も少なくないでしょう。

リップクリームは、なにかと動かすことの多い唇に「保湿成分」がしっかり密着するようにつくられています。
化粧水や乳液で代用してもうるおい感が持続しにくいのは「唇の保湿」を目的として作られていないから当然です。
飲み物を飲んだり、歯磨きをしてしまえば簡単に落ちてしまいます。

油分を塗ったままにしておくことで唇が乾燥してしまうのであれば、顔の肌にも油分が含まれた乳液やクリームを使ってはいけない、ということになりますよね。
ちょっと納得がいかないので、とりあえず実際に試してみることにしました!

リップクリームを塗らないで寝てみた!

普段は特に「唇が荒れて困る」ということは無いのですが、顔を保湿するスキンケアと同じような感覚で、必ずリップクリームを塗って寝ています。
何度も重ね塗りするわけでもなく、ごく普通に2往復ほどササっと塗るのが習慣です。

「リップクリームの油分で乾燥を招く」との情報から、実験的に3日間だけ塗らずに寝てみました。
その結果をお伝えします。

1日目

夜のスキンケア時には、化粧水と乳液を唇にも馴染ませるように、わりとしっかり付けました。
ベッドに入って「さあ寝よう」と思った瞬間、やはり唇の乾燥が気になります…。
これは翌朝、相当ガサガサになっているんだろうなと思いました。
リップクリームを塗りたい気持ちを必死に抑えながらも無事に就寝。

そして朝になり、正直しばらくの間は「昨夜リップクリームを塗らないで寝た」ということを忘れていました。
というのも、予想より唇に違和感が無かったからです。
1日目の感想としては「もしかしてリップクリームを塗らないで寝ても大丈夫なのかも」といったところです。

2日目

今夜も1日目と同じようにスキンケアをして、リップクリームは使わないで寝ます。
唇に塗る乳液の量を昨日より少し増やしてみました。
「リップクリーム無しでも、思いのほかイケるのかも?」と思いながら、ウトウトしてそのまま就寝。

しかし翌朝、起きた瞬間に唇がカサカサになっていることに気付きました。
いつもリップクリームを塗って寝ているときには感じたことのない「唇の皮の厚み」が妙に気になる…。
皮膚の軽いめくれによる「ささくれ」が発生し、上下の唇を軽く擦り合わせたときに引っかかりを感じるようになってしまいました。
このまま継続して良いものか悩みます。でも、頑張ります。

3日目

夜寝る前にリップクリームを塗らない生活も今日で最後です。
ちなみに、日中には普段通りリップクリームも使っていますし、グロスや口紅もつけています。
完全にリップクリーム断ちしたわけではないのですが、やはり昼間に唇の乾燥が気になるようになってしまいました。
明らかに口紅のノリが悪くなり、グロスでなんとかツヤ感を誤魔化す状態。

なんだか、もうすでに結果は出ている気もしますが「とりあえず3日間はリップクリームを塗らずに寝てみよう」と決めたので、最終日もNOリップクリームで就寝。

そしてやってきた3日目の朝。
起きたときには気付かなかったのですが、洗顔をした後に異変が訪れました。
「なんか唇の皮がポロポロむける…」

こんな風に皮が剥けることは無かったので正直焦りつつも、結構剥いてしまいました…。
だって、見た目が汚らしいんですもの。
(唇の皮を剥く行為は、マネしないでください。酷いと唇から出血することもあります。私は一時的に醤油がしみるようになってしまいました…)

まとめ

寝る前にリップクリームを欠かさず塗っている私が、3日間リップクリーム断ちをした結果、唇の皮が剥けるほど荒れてしまいました。
この後、再びリップクリームを塗って寝る「通常の生活」に戻したことろ、トラブルのない唇に戻ったので、やはり寝る前には自分の肌に合ったリップクリームを塗るべきでしょう。

唇は、起きている時間には口紅やグロスはもちろんのこと、飲食などでもたくさんの刺激を受けている場所。
寝る前には、しっかり保湿をしてあげるのが正解のようですね。