スポンサーリンク

日焼けは夏だけじゃない♡飲む日焼け止めって何?効果はあるの?

スポンサーリンク

こんばんはあやです。
日焼け止めといえば、肌に塗るタイプがこれまでの定番でしたが、近年飲む日焼け止めが話題になっています。なんと飲むだけで、日焼けを防ぐことができ、過去に浴びた紫外線のダメージもケアすることができるそうです。ここでは、飲む日焼け止めの成分や効果についてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飲む日焼け止めって何?

今までは日焼け止めといえば塗るタイプが定番だったので「飲む日焼け止め」と言われてもピンとこない人が多いかもしれませんね。飲む日焼け止めはサプリメントです。美容皮膚科など病院で処方してもらうことも可能ですし、ドラッグストアで購入することもできます。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めは、紫外線に対するアプローチの仕方が異なります。まず、塗る日焼け止めは皆さんご存知だと思いますが、皮膚に塗ることで肌の表面を紫外線から守ります。一方、飲む日焼け止めは、体の内側から日焼けを抑える働きをします。

紫外線を浴びて日焼けをしてしまうと肌が黒くなったり、赤くなったりしますね。でもそれだけでなく、紫外線を浴びると体の中では活性酸素が発生してしまいます。活性酸素が体内で増えると、シミやシワ、たるみなどを引き起こし肌老化につながります。シミやシワ、たるみは年齢を重ねることで現れるものと思っているかもしれませんが、実は肌の老化現象の原因のほとんどが紫外線によるものと言われています。

飲む日焼け止めは、この体の中に発生する活性酸素の発生を防ぐ働きをします。そして、紫外線による肌老化を抑制することで、アンチエイジング効果も期待できるのです。

飲む日焼け止めに含まれる成分は?

日焼けによって肌に赤みが出たり、かゆみが出たりしている時は、体内で活性酸素が発生しています。飲む日焼け止めは、この活性酸素を抑制する抗酸化作用のある成分が配合されています。そして、それによって日焼けによる症状を抑えることができるのです。

また、塗る日焼け止めは顔や手など日に当たる場所に塗ります。しかし、紫外線は髪の毛や目など日焼け止めを塗ることができない場所も浴びているので、それによって活性酸素は体内で発生してしまいます。そうなると、日焼け止めを塗っていても紫外線による影響は出てきてしまうので、体の中から全身の紫外線対策ができる飲む日焼け止めが有効と考えられています。

飲む日焼け止めには以下のような成分が配合されています。

フェーンブロック
フェーンブロックは、中米原産のシダ植物の一種から抽出された植物由来の成分です。古来より民間療法では、皮膚疾患の治療薬として使われていました。
フェーンブロックは抗酸化作用が高く、体内で発生した活性酸素を破壊することができます。また、紫外線を浴びて赤みやかゆみが出ている場合にはDNAが傷ついてしまっています。フェーンブロックにはDNAを保護する作用や免疫防御作用もあるので、紫外線対策にはとても効果的なのです。
シミやシワ、たるみなど肌の老化につながる活性酸素は紫外線だけでなく、喫煙や飲酒、ストレスなどでも発生するので、日焼け対策だけでなく、アンチエイジングにも効果的です。
フェーンブロックの日本名はダイオウウラボシと言います。そのため、成分表記にはダイオウウラボシ抽出エキスと記載されたり、学術名のPolypodium LeucotomosからPLエキスと記載されることもあります。

ニュートロックスサン
ニュートロックスサンは、シトラス果実とローズマリーの抽出物を混ぜ合わせてできた天然のポリフェノールです。ポリフェノールは抗酸化作用の高い成分です。また、うっかり紫外線を浴びてしまった後のアフターケアとしても有効とされています。
成分表記は、シトラス果汁、ローズマリー葉エキス末と記載されます。
ニュートロックスサンは1日250mgを摂取することが推奨されているので、この量を満たしているサプリメントには傘のマークが付いています。サプリメントを選ぶときにはこの傘のマークが付いているかどうかも確認することがおすすめです。

他にもフラバンジェノールやリコピンも抗酸化作用が高いですし、クコの実エキスは、抗酸化作用とビタミンC、カロテノイドなど美肌に有効な成分を豊富に配合しています。

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めとの併用して使う

飲む日焼け止めは、飲むだけで体の内側から全身をケアできるので、塗る日焼け止めと違い、肌への負担がありませんし、塗り直しの手間もありません。そして、塗り残しの心配がないというところも良いところです。しかし、飲む日焼け止めは体の中から作用するものなので、皮膚表面に直接受ける紫外線によるダメージを防ぐことはできません。そのため、紫外線の強い季節には、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの併用が大切です。

塗る日焼け止めによって、直接受ける紫外線のダメージを防いで、飲む日焼け止めによって紫外線を浴びて体内で発生してしまった活性酸素を抑制することで、肌の炎症を防ぎ、シミやシワたるみなどの肌老化を防ぐことができます。

シミやシワ、たるみなどの肌老化には紫外線が大きく影響しています。飲む日焼け止めによって活性酸素を除去することができれば、アンチエイジングも期待できます。色々な商品が販売されているのでぜひ試してみてくださいね。