正しいシャンプーの仕方をマスターしたら髪のコンディションは良くなる

こんにちはあやです。
良いシャンプーやコンディショナーを使っているのに効果を実感できない。頭皮が乾燥する。ベタつく。などヘアケアに不満を感じていませんか?シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア商品は正しい使い方をしなければ、どれほど良い商品を使っていたとしても効果を発揮することができません。もしかしたら、髪がパサついたりまとまりにくいと感じている原因も毎日のヘアケアの仕方が間違っているからかもしれません。美容院でシャンプーをしてもらうと、髪の毛は驚くほどしっとりとまとまりますよね。これはサロン専用の高価なヘアケア商品を使っているからいうのもありますが、1番は美容師さんが正しい方法でシャンプーをしてくれているからです。自宅でのヘアケアも正しい方法で行えば髪質は改善されていきます。ここでは正しいヘアケアの方法をご紹介します。

ついやってしまいがちな間違ったシャンプーの仕方

毎日のシャンプーはどのようにして行っていますか?もしこれから挙げる方法に当てはまるものがあれば間違ったシャンプーをしています。

・シャワーを上からかけるだけで頭皮まで濡らしていない

頭の上からシャワーをかけるだけだと髪の毛で水が弾かれてしまうため、頭皮まで濡らすことができません。頭皮まで濡れていないとシャンプーが泡立ちにくくなってしまい、汚れを落とす力が低くなってしまいます。

・手に取ったシャンプーをそのまま髪につけてゴシゴシ洗いながら泡立てている

シャンプーをしながら泡立てようとすると、隅々まで泡が行き届きません。これも汚れを落とす力が低くなってしまいます。

・汚れを落とすために爪を立てて力を入れて洗う

頭皮の汚れをしっかり落としたいからと爪を立ててゴシゴシ洗うのは、頭皮に傷をつけたり、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。かゆみやフケ、皮脂の分泌が多い人がやってしまいがちですが、これは逆効果になる方法です。頭皮が傷つくと肌トラブルの原因にもなりますし、必要な皮脂まで落としてしまうことで、フケやかゆみも発生します。さらに、乾燥していると皮膚は皮脂を過剰に分泌して肌を守ろうとするため、過剰に分泌された皮脂でべたつきやすくもなります。

・洗浄力を高めるためにシャンプーをたくさん使う

シャンプーをたくさん使った方が汚れが落ちそうな感じもしますが、実際にはシャンプーの量を増やしたからといって洗浄力は変わりません。むしろ洗い流してにくくなり、頭皮に流しきれなかったシャンプーが残ってしまうことで、頭皮のトラブルに繋がってしまいます。

・1日に何回も洗う

市販のシャンプーは洗浄力が強いので、1回で十分汚れは落とすことができます。朝晩の2回洗ったり、汚れをしっかり落としたいから2回洗うのは、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

どれもついやってしまいそうな事ばかりですね。でも間違ったシャンプーを続けることで、髪の毛は傷み、頭皮もダメージを受けるため、髪のパサつきだけでなく、抜け毛や薄毛の原因にもなるそうです。

正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方は、頭皮に優しく、しっかりとすすぐことです。

① ブラッシング

これはあまりしている人はいないかもしれませんが、お風呂に入る前のブラッシングはとても大切です。シャンプーをする前に、髪の毛もつれをほどいて、ホコリを落としましょう。ブラシは目が粗めで柔らかいものがおすすめです。

② シャワーで頭皮をしっかりと濡らす

シャワーで頭皮をしっかり取りたいから濡らしましょう。髪の毛をめくって満遍なく濡らします。シャワーヘッドを頭皮につけて流していくのもおすすめです。お湯の温度は38度前後のぬるま湯が最適と言われています。それは熱いお湯は皮脂を洗い流しすぎるからです。美容院でシャンプーをしてもらう時もぬるめのお湯で、シャンプーヘッドをつけて流されます。これは頭皮までしっかりと濡らすためです。2分程度かけてしっかりと流していくことで髪の毛や頭皮の汚れも流すことができます。

③ シャンプーは適量を使う

シャンプーの量は適量を使うということが大切です。ショートなら1プッシュ、ミディアムなら2プッシュ、ロングなら2〜3プッシュが目安です。手に取ったら手のひらに満遍なく伸ばして軽く泡立ててから頭皮につけていきます。一部分にだけつかないように満遍なくつけてください。それから指の腹を使って優しく洗っていきます。ゴシゴシと洗うのではなく、頭皮を動かしてマッサージをするような感じで洗います。時間は3分程度です。髪が長い人は頭皮を洗った後、毛先の方にシャンプーを揉みこむようにして洗います。

④ しっかりとすすぐ

ぬるま湯でしっかりとすすぎます。頭皮にシャンプーの流し残しがあると皮膚トラブルの原因になってしまいます。髪の毛をめくって頭皮をきれいに流しましょう。シャワーを当てている部分を指の腹でマッサージするようにしながら流します。耳の後ろや生え際、襟足にはシャンプーが残りやすいので注意しましょう。

これが正しいシャンプーのやり方です。正しい洗い方をすると髪の毛や頭皮の状態が驚くほど良くなるので、ぜひ試してみてください。