脱毛トラブルはコワイ!対処法と回避法を知っておこう!

こんにちはあやです。
サロンやクリニックで行う「光脱毛」や「レーザー脱毛」では、ムダ毛の毛根に熱を加えて脱毛を行っていきます。
そのため、お肌に大きなダメージが出てしまうことも実際にあるのです。

「どんな脱毛トラブルがあるのか知りたい」
「脱毛トラブルをできるだけ回避する方法は?」

今回は、そんな不安をお持ちの方に向けて記事を書いています。
サロンやクリニックで施術を受ける前に、しっかりと「脱毛トラブル」の種類や、その対処法・回避法を知っておきましょう!

脱毛トラブルの種類にはどんなものがある?

サロンやクリニックでの脱毛は、衛生面や安全面に注意して行われています。
しかし、何度も通う必要があるため、日によっては「今日は生理で体調が悪いけど予約入れちゃったし…」なんてこともあるでしょう。
生理中や体調がすぐれない日には、お肌が弱くなっているため「脱毛トラブル」も起きやすくなっています。
では、具体的にどんなトラブルが起きてしまうのか見ていきましょう。

やけど

脱毛の施術トラブルの中でも一番多く報告されているのが、「やけど」です。
同じ機械を使っていても、やけどの症状が出てしまう人と、そうでない人がいます。
湯たんぽを使っていて「低温やけど」になりやすい体質の方は、熱に対してお肌が弱いため、特に注意が必要です。
とはいえ、脱毛サロンに通って「やけど」を負わされたんじゃ、たまったモノじゃありませんよね。

脱毛時にやけどを起こす原因として挙げられるのは、「脱毛器自体の問題」と「スタッフの技術不足」です。
古くなり故障した脱毛器をそのまま使っていたり、機器に関して知識を持っていないスタッフに施術を担当させるようなサロンは危険です。
「そんなサロンあるの?」と思うかもしれませんが、実際にやけどの被害を出したサロンでは、上記のような原因から「やけど」が発生しています。

脱毛する際には、知識と技術が高いスタッフを雇い、安全性の高い脱毛器を導入している「信頼できるサロンやクリニック」を選びましょう

色素沈着

脱毛した部位は、肌バリアが弱くなっているため「紫外線」に当たると色素沈着を起こしてしまうこともあります。
施術を受ける際には、必ず注意事項として「脱毛後は紫外線を避けてください」と説明があるはずです。

しかし、「私は肌強いし、これくらいなら大丈夫でしょ」と、勝手な自己判断で日光に当たってしまう人も少なくありません…
すると、脱毛後のお肌は「弱くなってる肌を紫外線から守らなきゃ!」と、通常時に比べてメラニンを多く作り出します。これが色素沈着の原因となるのです。

毛のう炎

脱毛トラブルの中には、毛穴が炎症を起こし「赤ニキビ」や「白ニキビ」のようになって現れる「毛のう炎」があります。
光脱毛やレーザー脱毛では「毛根」に熱を加えてムダ毛を生えにくくしていきますが、この際に多少なりとも毛穴がダメージを受けます。そこへ雑菌が入り込むことで、ニキビのような炎症を起こしてしまうのです。

ムダ毛の自己処理で毛抜きを使ったことのある方は、脱毛による「毛のう炎」の経験があるかもしれませんね。
特にワキの下やVラインの場合には、脱毛後に汗をかいたり下着と擦れることで炎症が悪化してしまうケースもあります。
脱毛後はお肌のバリア機能が弱くなっているため、雑菌や刺激に負けてやすいのです。

【対処法】もし脱毛トラブルが起きてしまった場合

脱毛の施術を受けた後に、なんらかの肌トラブルが起きてしまった場合には、まず通っている「サロン」や「クリニック」へ連絡をしましょう。
「いい人だったし…忙しいところ、こんな連絡するのは気が引けるな」などと考える必要はありません。
次回の予約時まで待ったりせずに、すぐに電話で相談してください。

万が一、脱毛トラブルが起きてしまった際には、治療費を負担してくれるサロンもあります。カウンセリングや契約時には、あらかじめ確認しておくと安心ですね。

【回避法】脱毛時の肌トラブルを未然に防ぐ方法

脱毛サロンの広告やチラシを見て「安いから」と安易に飛びつくのは危険です。
本当に安全性が高い機器を使用しているのか、知識や技術がしっかりとしたスタッフがいるのか、事前に「口コミ」などをチェックしてから選びましょう。

レーザー脱毛は、医師や看護師がいる「医療機関」でしか受けることはできませんが、法律に違反して医師免許が無いにも関わらずレーザー脱毛を行う、悪質なサロンも実際に潜んでいることがあります。

また、自分でお肌のコンディションを整えておくことも必要です。
脱毛の施術を受ける前には、自己処理でムダ毛を剃っておくように指示されることがありますが、このときに毛抜きや普通のカミソリを使うのは避けましょう。
できるだけお肌の負担を減らすためにも「電動シェーバー」を使って処理することをオススメします。

施術当日に「生理になっちゃった」「体調があまり良くない」といった場合には、別の日に予約を変更する勇気も必要です。
無理をしてお肌にトラブルが出て後悔するより、思い切って予約変更の電話をした方が良いでしょう。事情があるときには、スタッフも嫌な顔をせずに対応してくれますので安心してくださいね。

まとめ

今回は「脱毛トラブル」について、その種類や対処法、回避法をご紹介してきました。
脱毛は、あなたが綺麗になるために行う施術です。
まさかのお肌のトラブルで長く悩むことが無いよう、サロン選びや事前準備は怠らないようにしましょう。