がんばっているつもりが逆効果!美肌を遠ざける間違った洗顔方法

こんにちはあやです。
透明感があって、うるおいとハリのある美肌になるために、日々スキンケアには力を入れているという人もいるでしょう。でもスキンケアをがんばっているのに、「肌の状態が良くならない。」「乾燥がひどくなった。」「シミが出てきた。」など、なかなか思ったような効果が出ない人もいます。そのような人は、もしかしたら自己流や思い込みで間違ったスキンケアをしてしまっているのかもしれません。間違ったスキンケアを続けていると肌の刺激になり負担を与えてしまうので、返って肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。ここでは、スキンケアをがんばっている人ほどやってしまいがちな間違った洗顔方法についてまとめました。

洗顔のしすぎは乾燥を引き起こす

美肌の基本は洗顔です。毎日メイクや肌の汚れを落とすことはとても大切なことです。でもスキンケアをがんばっている人は、しっかりと汚れを落とそうと洗顔しすぎてしまう傾向があります。

洗浄力の強いクレンジング、洗浄力の強い洗顔料を使ってW洗顔をしているという人は、肌の汚れだけでなく、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまっている可能性があります。肌には、肌内部の水分を保持したり、外部の刺激から守るために皮脂膜という天然のクリームのようなもので覆われています。

洗顔をしすぎるとこの皮脂膜まで洗い流してしまうので、肌内部の水分はどんどん蒸発していってしまいますし、外部の刺激も受けやすい状態になってしまいます。

お風呂に入って洗顔をした後、顔が突っ張ってパリパリになってしまう人、かゆみが出たり赤みが出るという人は、洗顔をしすぎている可能性があります。

また、擦りすぎは禁物です。洗顔料をあまり泡だてず、肌を擦るような洗い方になってしまっている人は、要注意です。肌が擦れてしまうので、肌荒れの原因になってしまいます。

洗顔料は泡だてネットを使ってしっかりと弾力のある泡を立てて、泡で包み込むようにして洗顔をするのが、肌に負担をかけないポイントです。

そして、中には汚れを洗い流すために洗顔を2回しているという人もいます。ニキビ肌の人や脂性肌の人に多いようですが、完全に皮脂を洗い流そうと思っている人がやってしまいがちです。2回洗顔をすれば皮脂は洗い流されますが、これでは、肌に必要な皮脂や肌表面の角質まで洗い流してしまうことになります。

そのため、肌は乾燥しやすく、角質は硬くなってしまいます。さらに必要な皮脂がなくなってしまうと肌を守るために皮脂分泌が盛んになります。その結果テカりやすくなったり、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まり、ニキビもできやすくなってしまうという悪循環に繋がってしまいます。

また、何度も洗顔することによる肌へのダメージで、シミやシワ、くすみなどの原因にもなり、美肌を遠ざけてしまうことになります。

洗い流す時にはシャワーを直接かけて洗い流すことや、熱いお湯を使って洗い流すことはNGです。

シャワーの水圧は肌への刺激になります。それが体を流す時と同じ高い温度であればなおさら肌への刺激は強くなります。洗顔するときには洗面器に溜めたぬるま湯を手ですくって洗い流すようにしましょう。

タオルで水気を拭き取る時にも注意することがあります。硬いタオルで肌を擦るように拭いていませんか?洗顔後の肌は皮脂が取れてとてもデリケートな状態なので、擦ることは禁物。柔らかいタオルを押し当てるようにして水分を取るようにしましょう。

洗顔は朝晩2回が基本

洗顔は基本的には朝と晩の1日2回行います。

夜の洗顔ではメイクや日中に肌に付着した汚れ、汗や皮脂を洗い流します。女性はほとんどの方がメイクをしているので、夜の洗顔は行なっているでしょう。

しかし、朝の洗顔は洗顔料を使わないという人もいます。その方が乾燥を防げるという人もいますが、これも肌の状態によって様々です。

超乾燥肌の人は洗顔をする事で余計に乾燥を招いてしまうため、過度に洗顔料を使うことは避ける必要があります。でも、少し乾燥するという程度の人、普通肌の人、脂性肌の人は朝の洗顔は必須です。

なぜなら、夜の洗顔後につけた乳液やクリーム、寝ている間に分泌された汗や皮脂を洗い流す必要があるからです。水洗いだけでは油分を含むこれらの汚れは落とすことができません。

肌に汚れが残った状態で、その上からメイクをしてしまうと、メイク崩れもしやすいですし、毛穴の詰まりや、ニキビなどの原因になってしまいます。

まとめ

スキンケアに力を入れている人ほど、過剰な洗顔をしてしまいがちです。過剰な洗顔によって皮脂が洗い流されすぎてしまうと、皮脂分泌が過剰になってしまいまうため、肌表面はべたつくのに、肌内部は乾燥しているという複雑な状態になってしまいます。余計にケアが難しくなってしまいますし、肌トラブルの起きやすい敏感な状態にもなってしまいます。スキンケアをがんばっているのに肌の状態が良くならないという人はまずは洗顔から見直してみてくださいね。