ニキビができる場所ごとの原因と対策!治し方は部位によって違う!

こんにちはあやです。
顔にニキビができると、それだけで憂鬱な気持ちになってしまいますよね…。

ニキビは、Tゾーンやあご、頬やフェイスラインなど様々な場所に突然出現します。
もしかしたら、「いつも同じ場所にニキビができる」なんて方も少なくないかもしれませんね。

実は、ニキビができる場所によって「原因」と「治し方」は変わってくるのです。
それでは、早速見ていきましょう!

そもそもニキビができるのは何故?

ニキビは、毛穴が炎症を起こして腫れや痛みなどの症状を引き起こすこと。初期の段階では赤みがなく、単に毛穴が詰まっているニキビもあります。

人の身体の中でニキビができるのは、皮脂を分泌する「皮脂腺」が発達した「脂腺性毛包」がある場所だけ。主に顔と背中、胸などの範囲です。

皮脂が大量に分泌されたり、乾燥により毛穴が詰まったり、服や髪の毛と接触することでニキビができると言われています。

場所別ニキビの原因と治し方

ここでは、ニキビができる場所ごとに「原因」と「治し方」を解説していきます。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

Tゾーンにできるニキビ

おでこや鼻などのTゾーンにできるニキビは、成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌が原因。
主に、思春期の男女に多くみられ「思春期ニキビ」とも呼ばれます。

ニキビを治すためには、第一に清潔を保つこと!
汗や皮脂をこまめに拭ったり、洗顔を念入りに行うことが大切になってきます。

お肌を清潔に保つ「薬用タイプ」の洗顔料を選ぶのも良いでしょう。
また、糖分や脂肪分の多い食べ物を控えるようにするのも、思春期ニキビを治す際には大切なポイントです。

あごにできるニキビ

あごや口まわりに繰り返しできるニキビは、「大人ニキビ」と呼ばれていて、主にホルモンのバランスが乱れたときに出やすいものです。

ホルモンバランスは、ストレスや疲れが原因で乱れやすくなります。
しっかりと睡眠をとって、栄養バランスのとれた食生活を送るように心がけましょう。

大人ニキビの特徴としては、脂性肌だけではなく乾燥肌でもできてしまうところ。

顎ニキビが発生しているときには「肌バリア」が弱くなっている状態が多いため、低刺激性の化粧水や乳液を使って、保湿をしっかり行ってくださいね。

現代社会の中では、ストレスと無縁の生活を送るのは正直難しいですが、自分なりの「ストレス解消法」を見つけておくことも大切です。

ストレスが溜まっているときには、無意識のうちに呼吸が浅くなりやすいので、気が付いたときに「深呼吸」をして身体の力を抜く習慣をつけましょう。

頬にできるニキビ

顔の中でも、頬にできるニキビは大きく腫れあがり、目立つことが特徴。
頬ニキビの原因は便秘やストレス、間違ったスキンケア方法などが挙げられます。

女性の場合には、生理1週間前くらいからポツポツでき始める人も少なくありません。
この時期に必ずニキビができてしまうという方は、皮膚科で処方してもらった飲み薬を服用することで改善されるケースも。

頬にできたニキビは目立つため、コンシーラーやリキッドファンデーションを使用して隠したくなってしまいますが、ニキビを治すためにはNG行為なんです。

本来であればメイクは避けたところですが、お仕事をしているとなかなかノーメイクで過ごすわけにもいきませんよね。
その場合には、できるだけお肌に優しい「パウダーファンデーション」や「ミネラルファンデーション」を日常使いするようにしましょう。

ニキビができたら絶対にやってはいけないこと!

場所に関わらず、「ニキビができたらやってはいけないこと」は大きくわけて2つ!
どの部位のニキビにも共通して言えることなので、注意してくださいね。

触る・潰すは絶対NG

目立つ場所にニキビができると、どうしても気になってしまい、鏡を見ながら触ってしまう気持ちはわかります。

でも、ニキビができたら触ってはいけません。
手や指には、見えない菌や汚れがたくさん付いているんです。特にスマホを触った後の指は、ばい菌がいっぱい!

また、白い芯が見えていると思わず潰してしまいたくなりますが、これもNGです。
ニキビ部分に傷ができると、さらなる化膿や悪化を招くこともあります。

ニキビ跡をつくらず、キレイに治すためにも「触る」「潰す」は控えるようにしましょうね。

ピーリングなど肌に刺激の大きいアイテムの使用

ニキビ肌や脂性肌用のアイテムとして、ピーリング効果の高い洗顔料や「拭き取り化粧水」も時々見かけますよね。

でも、すでにニキビができている肌にピーリングを行うのは危険!
炎症を悪化させたり、ニキビ部分に刺激を与えてしまったりすることがあります。

ニキビができているときには、スクラブ入りのパックや洗顔料を使うのも控えてくださいね。

どうしても使いたいときには、ニキビ箇所を避けるようにして使用しましょう。

まとめ

今回は、ニキビができる場所ごとの「原因」と「対策」について、ご紹介してきました。

人によっては「ニキビができる場所がいつも同じ」なんてケースも多いでしょう。
繰り返すあごニキビやフェイスラインのニキビは、ストレスや疲れが原因となっていることがほとんど。

化粧品や塗り薬だけにとらわれず、心も身体もいたわる生活を心がけたいですね。