花粉による肌荒れに悩む人必見!スキンケアと内側の対策で撃退しよう

こんにちはあやです。
あたたかくなってくると、くしゃみや鼻水に悩まされる人が多い花粉症。
花粉症は主にスギやヒノキが原因となり、2月中旬から5月のゴールデンウィークあたりまで症状が続きます。
そして「なぜか春になるとお肌の調子が悪くなる」「肌がムズムズしてかゆくなる」など、肌荒れを感じている人も少なくありません。
実はコレ、花粉による肌荒れなのです!

3月~5月は卒業式・入学式、入社式など新しい生活をスタートさせる大切な時期。
こんな時期にお肌調子を崩してしまうと、気分も憂鬱になってしまいますよね。

今回は、花粉による肌荒れに悩む人に読んでほしい、「スキンケア」と「内側からの対策」をご紹介します。
花粉の季節を乗り切るための、おすすめ化粧水やサプリメントも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どうして花粉で肌荒れを起こすの?

良く知られている「花粉症」は、粘膜に花粉がつくことで鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどのアレルギー症状を起こすものです。
鼻や目の粘膜は外部刺激に弱いため、身体が花粉を「異物」として判断し、この異物から自分の身体を守ろうとして起きるのが「アレルギー反応」なんです。

そして、「花粉症皮膚炎」という肌荒れを起こす花粉症も実際に存在します。
鼻や目には何も症状がないのに、お肌だけトラブルを起こしてしまう…という人も結構いるんですよ!

花粉症皮膚炎を起こす原因としては、お肌のバリア機能が低下しアレルギー物質の花粉が肌内部に入り込んでしまうことが挙げられます。
ちょうど寒さが少し落ちついてきて、気温があたたかくなってきた頃に飛び始めるのが花粉です。

乾燥する冬の間に蓄積された肌のダメージや乾燥が残ったままだと、角質がめくれていたりターンオーバーが乱れていたりして、花粉のような外部刺激にも弱くなってしまうため、春先の肌荒れが増えやすくなってしまうんですね。

花粉による肌荒れにおすすめのスキンケア

花粉が飛ぶ季節には、他の時期と同じようなケアをしていては「肌荒れ」を防ぐことができません。
ここでは、花粉による肌荒れに効果的なスキンケアをご紹介していきます。

帰宅したらすぐに洗顔をする習慣をつけよう!

衣服に花粉がついてしまうのと同じように、顔は外気にさらされているため、たくさんの花粉がついています。
せっかく家に帰ってきたのに、そのまま過ごすのはNG!
花粉が飛ぶ季節だけは、できるだけ早くメイクを落として洗顔しましょう。

手洗い→うがい→着替え→メイク落とし→洗顔!の流れで習慣にしてくださいね。
最初は「疲れてるのに面倒くさい…」と感じるかもしれませんが、お肌が荒れて気分が落ち込むよりずっとマシです。
些細な日常の習慣を見直すことで、花粉による肌荒れを最小限に抑えることができますよ。

この際、ひとつ注意点があります。
ただでさえ花粉の刺激を受けているお肌には、通常の洗顔料だと逆にダメージを与えてしまう事にもなりかねません。
洗顔する際には、お肌に優しい「敏感肌用」の固形石鹸を使うことをオススメします。

資生堂のdプログラムで販売されている「コンディショニングソープ」は、ネットやドラッグストアでも手に入りやすいので、是非試してみてくださいね。
価格は100gで税抜1,500円です。


日中用の保護美容液を使おう!

資生堂のdプログラムからは、花粉や大気中の微粒子汚れからお肌を守るスキンケアアイテムが販売されています。
主に外出する際に使って欲しいのが、「アレルバリアエッセンスBB」です。

こちらは、アレルバリアテクノロジー搭載で花粉や紫外線からもお肌を保護してくれます。(SPF40・PA+++)
化粧下地としても使用できるため、日中用の保護美容液としてメイク時に使うのがオススメ。
赤みやくすみも自然にカバーしながら、花粉に負けない健やかな肌へと導きます。

カラーはライトとナチュラルの2色展開。価格は40mlで税抜3,000円となっています。


身体の中から対策することも忘れずに!

花粉に対してアレルギー反応を起こしてしまうのは、肌表面の問題だけではありません。
身体の中の免疫細胞や体質によるところも大きいのです。

ここ数年で注目されているのが、「カルピス健康通販」のアレルケア。
カラダの中からバランスを整える働きがある「L-92乳酸菌」を配合したサプリメントです。
L-492乳酸菌は一般的な乳製品からは摂ることができないタイプの乳酸菌で、「刺激」「敏感」「デリケート」に悩む方から絶大なる支持を得ているんですよ!
その数はなんと100万人。

アレルケアを飲み始めた人は「いつの間にが調子の良い日が続いていた」「もっと早く飲み始めていれば良かった」など、嬉しい声もたくさん聞かれます。
お得な定期購入も用意されいていますので、是非チェックしてみてくださいね。


まとめ

今回は、花粉による肌荒れに悩む人に向けて、スキンケアと内側からの対策について解説してきました。
花粉は飛散量に差こそありますが、毎年必ず飛ぶものです。
その度にお肌の乾燥や赤み、かゆみなどが起きて気分が塞がっていては、せっかくの春なのに勿体ないですよね。
ちょっとした対策を習慣づけて、花粉に負けない肌づくりをしてきましょう。