今さら聞けない!?ボディケアって何?どんなことをするの?

こんにちはあやです。
リラクゼーションやマッサージのお店のメニューでは「ボディケア」というコースをよく見かけます。ボディケアには明確な定義はなく、多くの店舗が行なっているため、価格や時間、雰囲気などの選択肢も多く気軽に行くことができるというメリットがある反面、施術の方法もそれぞれに違うため、行ってみたら思っていたのと違ったということにもなりやすいものです。そのため、それぞれのマッサージの違いや効果など自分に合った施術を行ってくれるサロンかどうかの見極めが大切になります。ここではボディケアについてご紹介します。

ボディケアの基本はドライマッサージ

マッサージの方法は大きく分けて2種類あります。ドライマッサージとオイルマッサージです。

ドライマッサージは、指圧や整体など衣服の上から行います。力を入れてしっかりと揉みほぐすため、肩こりや腰痛などの解消に効果が高く、体の不調を感じている人におすすめです。60分程度かけて全身をほぐしていくようなコースもありますが、15分〜30分という短時間で受けられるクイックメニューが多いのも特徴です。

一方オイルマッサージは、体にオイルを垂らして行う方法です。アロママッサージやロミロミなどがオイルマッサージの中に入ります。体にオイルを垂らして滑らせるようにマッサージをして、血行やリンパの流れを促して、体の緊張をほぐしていきます。ストレス解消やリラックス効果、癒しの効果が高いのが特徴です。施術時間は長い傾向があり60分〜90分という場合が多いです。

一般的にボディケアといえばドライマッサージの方を指します。凝り固まった筋肉を揉みほぐし、全身の疲労を回復させることが目的になります。施術では機械を使わず手で行うというところがほとんどです。

ボディケアにも種類がある

もみほぐし

肩こりや腰痛など、凝り固まった筋肉を揉みほぐしたり、肉体疲労の解消を目的として行われます。クイックマッサージ店で行われているのはこの方法が多いです。衣服を着たまま短時間で行ってもらえるので、お仕事の合間や電車の待ち時間などに利用することができます。ただ、クイックマッサージやサロンの場合には、治療を目的とした揉みほぐしはできません。あくまでもリフレッシュやその時の凝りをほぐすのが目的です。治療をする場合には、あんま指圧マッサージ師や医師が行うマッサージを受ける必要があります。

指圧

体にあるツボを刺激して、不調を整える方法です。東洋医学では、全身に経絡と呼ばれるエネルギーラインがあると考えられていて、ツボは正確には経穴といい、経絡の上にある点を意味しています。ツボは全身を流れる「気」の出入り口とも考えられていて、そこを刺激することで、全身の気の流れを整えることができるそうです。病気の改善などを目的とした指圧は、本来は鍼灸師のような資格を持った人によってしか施術をすることはできません。マッサージ店やサロンの場合には凝っている場所を手技で揉みほぐし、滞ったリンパや血液の流れを改善することを目的として行われます。

タイ古式マッサージ

古くからタイで伝わる伝統医学を用いたマッサージです。施術者のひじ、ひざ、足などを使って、全身をストレッチしていきます。「2人で行うヨガ」とも言われています。施術者と呼吸を合わせてゆっくりと行うため、リラックス効果が高いとされています。また、指圧のように足裏の刺激も行いますが、タイ古式マッサージの場合には、ツボではなく、反射区を刺激します。似たようなものなのですが、ツボが点であるのに対し、反射区は面という違いがあります。

整体

猫背、足組み、鞄をいつも同じ方向で持つなど日常生活の癖によって歪んでしまった骨盤や肩、O脚などの矯正を目的として行われます。ストレッチやカイロプラクティックなどの技術を用いて行います。

ストレッチ

ストレッチには色々な種類があります。整骨院や整体院などで行われるようなスポーツストレッチのようなものから、サロンで行われるリラクゼーション効果の高いもまであります。その目的も様々で運動で怪我をしてしまった時などに行うものや、関節の可動域を広げるもの、体の柔軟性を高めるもの、筋肉をほぐして血行やリンパの流れを促進するものなどがあります。

ボディケアのメリットは短時間で体がスッキリすること

ボディケアのメリットは何よりも短時間で体がスッキリとすることです。服を着たまま15〜30分程度でしっかりと揉みほぐされ、肩こりや首のコリも改善されることでしょう。ただ、短時間での施術での効果は長続きしません。肩こりなどは普段の姿勢や生活習慣も影響するため、少し経てばまたコリの症状は現れます。

またボディケアはほとんどのコースを手で行ってくれるというところも良いところです。人によってこる場所や気持ちがいいと感じる力加減は違います。手で行ってくれるからこそ、その都度力加減や揉む位置も調節してもらうことができます。