スポンサーリンク

背中のニキビ跡治したい!背中のニキビ跡を自力で消す方法を解説します!

スポンサーリンク

こんばんはあやです。
旅行のお風呂の際に友達に見られてしまうのが恥ずかしい…という方も多いでしょう。

背中のニキビ跡は、特に刺激を与えていなくても“色素沈着”になって、いつまでも残りやすいのが特徴。
そのため、次々と跡が増えてしまい「ニキビ自体よりもニキビ跡がヒドイ…」なんて悩みを抱えている方も珍しくありません。

背中のニキビ跡は、どうすれば治すことができるのでしょうか。
今回は、背中のニキビ跡を自力で消したい方にむけて、いくつかの方法を解説していきます。ご紹介するのは全て自宅で行えるものなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

背中のニキビ跡が残りやすいのはどうして?

背中は、普段から衣服などにより摩擦を受けている部分なので、知らず知らずのうちに、色素沈着を起こしやすい場所と言われています。

また、ニキビの薬も上手く塗れないことが多く、炎症が酷くなってしまうことも少なくありません。大きく腫れたニキビができても、顔ほど気にせず放置してしまうケースも多く、気付いたらメラニンによる色素沈着が残っていた…なんてことも。
職場や学校の椅子の“背もたれ”などで間接的な刺激を与えていることも、ニキビを悪化させる大きな要因のひとつです。

背中のニキビ跡を消す方法

一刻も早く背中のニキビ跡を治したいと思っている方に、是非やっていただきたい方法を5つご紹介します。
背中ニキビの色素沈着は、皮膚科でもなかなか治しにくいと言われている症状のひとつですが、毎日の小さなケアを積み重ねることで着実に薄くすることができますよ!

美白成分配合の化粧水でケアする

背中のニキビ跡をケアするために必要なことは、シミやそばかすなどの元となる“メラニン色素”にアプローチするのと同様に考えましょう。
お肌を美白に導く成分が配合されている化粧水を背中に塗ってケアするのがオススメ。
特にビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸が含まれている美白化粧水は背中のニキビ跡にも有効です。

背中はスキンケアがやりにくい場所でもありますが、100円ショップで購入できるスプレーボトルなどに入れかえて吹きかけるのも良いでしょう。

ピーリング石鹸で背中を洗う

ニキビ跡の元になっている色素をスムーズに排出するためには、正常なターンオーバーを取り戻す必要があります。
そのためには古い角質を落として、お肌を新しく生まれ変わらせるサポートをするのが大切。ピーリング効果のある固形石鹸を使って、背中をまんべんなく洗浄しましょう。

背中を洗う際には、手を使うのがオススメですが、どうしても届かない場所もありますよね。そんなときは、長めのタオルを使って優しく擦りながら洗いましょう。タオルの両端を持ちながら、背中を丸めて洗うと肩甲骨のミゾもきれいに洗うことができますので、やってみてくださいね。

ビタミンCを多めに摂取する

シミやくすみを解消するためにも注目されている栄養素として、ビタミンCが挙げられます。ビタミンCは高い抗酸化作用があり、メラニンの元となる細胞に直接働きかけてくれます。さらに、新しい肌となるコラーゲンを生成する際にも必要となる栄養素なので、積極的に摂りましょう。

本来は自然の野菜や果物から摂取するのが一番ですが、サプリメントでも構いません。
ビタミンCは水溶性のビタミンのため、不要な分は3~4時間で尿と一緒に排出されてしまいます。タブレットや顆粒などのサプリメントで、こまめに摂るのがおすすめです。

睡眠時間をしっかり確保する

ニキビ跡を少しでも早く薄くしたい場合は、睡眠をしっかりとることも重要です。
お肌の生まれ変わりは、主に睡眠中に活発に行われると言われています。そのため、睡眠不足が続くとターンオーバーが正常に行われず、いつまでも古い角質層がお肌に残ったままになってしまうのです。

お風呂にゆっくり浸かる

忙しい日や暑い日には、どうしてもシャワーだけでお風呂を済ませてしまう人も多くなってきてしまうでしょう。
しかし、ニキビ跡を早く治すためにはお風呂のお湯にゆっくりと浸かることが大切。
血行を促進して代謝を高めるだけでなく、古い角質層をしっかり洗い流しやすくなります。
また、ストレスの軽減にも繋がるため、体内の活性酸素を減らしてメラニンが発生しにくい体質に導く効果もあります。

新しい背中ニキビも発生しにくくするので、ぜひ毎日ゆっくりとお湯に浸かるようにしてみてくださいね。

まとめ

今回の記事では、背中に色素沈着として残ってしまったニキビ跡を、自力で治すための方法をご紹介してきました。
ニキビ跡はレーザー治療やエステでの施術を受ければ、効率よく治すことも可能です。しかし、様々な事情で「自分で治すしかない」という方も少なくないでしょう。

プチプラ美白成分配合の化粧水でしっかりスキンケアをしたり、ピーリング石鹸で背中を洗うことで新しいお肌が早く作られるための手助けとなります。また、ビタミンCの摂取や睡眠をしっかりとることも、正常なターンオーバーをサポートするためには欠かすことができません。

色素が沈着しているようなニキビ跡の場合、ちょっとしたケアの組み合わせと積み重ねで、2~3か月もあれば少しずつ改善していきます。
ぜひあなたも、今日からニキビ跡ケアを開始してみてはいかがでしょうか。